BRAHMAN × ILL-BOSSTINO × 河村康輔、コラボ作『CLUSTER BLASTER / BACK TO LIFE』リリース

BRAHMANとILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)によるコラボ作『CLUSTER BLASTER / BACK TO LIFE』が9月30日(水)にリリースされる。

これまでも交流があり、2017年4月にリリースしたシングル『不倶戴天 -フグタイテン-』収録の「ラストダンス」で初のコラボを果たした両者。これをきっかけにお互いの交流はさらに活発化。その後、様々なステージで共演を果たすことになった。

それから3年の月日が経ち、日本がコロナ禍にあえいでいる今、ILL-BOSSTINOがTOSHI-LOWに今こそ「ラストダンス」を新たな形で世に届けるべきではないかと問いかけ、今作の制作に至ったという。BRAHMANとILL-BOSSTINOの間でリリックやサウンドのやりとりが急ピッチで進められ、両者の意向を汲み、チームも即座に動き、新曲の発案からレコーディングまでたったのひと月というスピードで実施。レコーディング・スタジオに入るまで担当ディレクターすら楽曲の全貌を知らされていないという異例の制作だったという。

「CLUSTER BLASTER」は90’s的でヒリついたギターのヘヴィ・リフの上で、“ここは合衆国保護領 / ようこそ / 地獄行き決定だぜ / お前等 / 税金泥棒”と始まるILL-BOSSTINOのラップが牽引する、ストレートなミクスチャー・ナンバーだという。途中でTOSHI-LOWがBOSSからバトンを受け取り、クリーンなコーラスをバックに“過去の過ちも未来の不安も見えないふりをしながら / 誰のための / 社会が作り出されていくんだよ”といった嘆きや怒りを吐き出しているという。

続く「BACK TO LIFE」は、“言いたい事を言い合った / お互いの事を知ったから / そんな / こんなで空きっ腹 / そろそろ皆で飯でも行かない?”というBOSSのラップで始まるレイド・バックしたナンバー。あらゆる場面で人と人の距離が大きく開いてしまった今だからこそ、当たり前だったあの愛着溢れる日常を想う多くの人々が共有できる作品となっているそうだ

また、カバー・アートはコラージュ・アーティスト、グラフィック・デザイナーの河村康輔が担当。『大友克洋GENGA展』におけるメイン・ビジュアル制作など数多くのコラボレーションや、自身の個展開催を中心に活動し、海外からも高い評価を受けている彼と、BRAHMANとBOSSががっちりタッグを組み、ビジュアル面においてもこれまでにない展開を見せるという。TOY’S STORE限定で河村康輔とのコラボTシャツ・セットが販売することも決定。また、CD購入者には特典としてスペシャル・コラボ・ステッカーもプレゼントされる。


【リリース情報】

BRAHMAN feat. ILL-BOSSTINO (THA BLUE HERB) 『CLUSTER BLASTER / BACK TO LIFE』
Release Date:2020.09.30 (Wed.)
Tracklist:
1. CLUSTER BLASTER
2. BACK TO LIFE

BRAHMAN feat. ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)特設サイト

BRAHMAN オフィシャル・サイト

THA BLUE HERB オフィシャル・サイト