Bandcampが6月19日(金)の売上を全て「NAACP LDF」へ寄付 人種的正義、平等、変化を支援

Bandcampが「Juneteenth」となる6月19日(金)の売上を「NAACP Legal Defense Fund」に全額寄付することが発表された。

※日本時間:6月19日(金)16時〜6月20日(土)16時まで

「NAACP Legal Defense Fund」は人種的正義のために戦うアメリカでトップの法律事務所。今回の寄付は、5月25日(月)に米ミネソタ州ミネアポリスで警察官に膝で首を押さえつけられた黒人男性のGeorge Floydさんが死亡した事件と、人種的不正のその他の事例をきっかけに、進行中の世界的な抗議に触発されてのこと。また、1865年に旧南軍で解放された奴隷にされたアフリカ系アメリカ人の記念日である「Juneteenth」に合わせて実施される。

Bandcampのオフィシャル・サイト上では、プラットフォームの共同創設者であるEthan Diamondが次のように述べている。「近年のGeorge Floyd、Tony McDade、Sean Reed、Breonna Taylor、Ahmaud Arberyの殺害と、現在も進行中の米国および世界中の黒人に対する国家認可の暴力は、恐ろしい悲劇と言えます。私たちは正当に要求する正義、平等、変化を求める人々、そしてBandcampコミュニティの多くの仲間、従業員やアーティスト、ファンを含め、人種差別の中で毎日生活しているあらゆる有色人種の側に立ちます」。(via. Stand with Bandcamp to Support Racial Justice, Equality, and Change)

Bandcamp オフィシャル・サイト