“第61回グラミー賞”、主要4部門はChildish Gambinoが2部門制覇 その他Kacey Musgraves、Dua Lipaら受賞

本日2月11日(月/現地時間10日)、米LAのステープルズ・センターにて、世界最高峰の音楽の祭“第61回グラミー賞授賞式”が開催された。

前回の第60回授賞式では、「最優秀ラップ・アルバム」など全5部門を受賞し、今回唯一となる最多8ノミネートとなったKendrick Lamarは、今回「最優秀ラップ・パフォーマンス」のみの受賞という結果になった。

今回最多受賞となったのは、「年間最優秀レコード」と「年間最優秀楽曲」含む4部門で受賞したChildish Gambino。そして、「年間最優秀アルバム」を含む4部門ノミネートを全て受賞したKacey Musgravesの2人となった。次いで3部門で受賞したのは、Lady GagaとBrandi Carlile。

「最優秀新人賞」を受賞したDua Lipaは、「最優秀ダンス・レコーディング」との2部門での受賞となった。日本人からは、Childish Gambinoの楽曲「This Is America」のMVを手がけたたHiro Muraiが「最優秀ミュージック・ビデオ」を受賞した。

その他、「最優秀ラップ・ソング」はDrakeの「God’s Plan」が、「最優秀ラップ・アルバム」はCardi B『Invasion Of Privacy』、「最優秀R&Bアルバム」はH.E.R.『H.E.R.』が受賞している。


■第61回グラミー賞 主要4部門

・年間最優秀レコード
Childish Gambino 「This Is America」

・年間最優秀アルバム
Kacey Musgraves 『Golden Hour』

・年間最優秀楽曲
Childish Gambino 「This Is America」

・最優秀新人賞
Dua Lipa

第61回グラミー賞受賞者詳細

RANKING