大比良瑞希

見えない糸 ~Never Be The Lonely One~

大比良瑞希 / 見えない糸 ~Never Be The Lonely One~
大比良瑞希が「Music Bar Session」に登場。ストリングスを軸とした特別なアレンジ Ver.を披露

先日ローンチを発表したばかりのSpincoasterが手がける新プロジェクト「TOKYO SOUNDS」。その企画のひとつ「Music Bar Session」から、大比良瑞希のライブ映像を公開した。

大比良瑞希は、東京を拠点とする女性SSW/プロデューサーで、コーラスワークでは過去にtofubeatsやLUCKY TAPES、Alfred Beach Sandal × STUTS、Awesome City Clubなどの作品に参加している。最近では彼女による配信リリース3部作に加え、tofubeats、STUTS、盟友・高橋海(LUCKY TAPES)の3人によるリミックス3部作をフィジカル・リリースすることが発表された。

個人的に、これまで3年以上に渡り何度も彼女のライブに足を運んできて、さまざまな編成でのライブを観てきたが、チェロやストリングスを率いた編成の演奏の質の高さや、その生弦楽器による音の豊かさがもっと世の中に出て評価されるべきだと思い、今回はミニマル・セットではなくチェロを含むストリングス編成にてオファーさせてもらった。

今回のセッションは、チェロに長年のパートナーである伊藤修平、ヴァイオリンにめかると山本理沙、ヴィオラに塩澤佳奈の5人編成で行われた。演奏楽曲は「見えない糸 ~Never Be The Lonely One~」。こちらも弦楽器が特に引き立つということで採用している。

今回のセッションだけのために特別なアレンジが施されており、オリジナルではピアノ・ソロ・パートがチェロになっている点や、オリジナル以上に弦楽器が引き立っている4:54からの怒涛の展開に特に注目していただきたい。

今後も次々にこのセッションを更新していく予定なので、ぜひともお楽しみに。

また、アーティスト・サイドの方はこちらのフォームから楽曲のオファーが可能。審査を通過した場合は、TOKYO SOUNDSのコンテンツとしてプロモーションの手助けをさせて頂く予定。

TOKYO SOUNDS応募フォーム

(Text by Rinjun)


【TOKYO SOUNDSとは】

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。

TOKYO SOUNDSはSpincoasterとMIRRORのこれまでの活動による表現者とのネットワーク、キュレーション力、メディア力を活かし、以下の3つの機能を有している。

=======================================

①楽曲や映像、アートワークなどのオリジナル・コンテンツを制作する
『クリエイティブ・プロダクション』

②SpincoasterのWEBメディアやYouTubeチャンネル、instagramを活用し音楽を発信する
『メディア・プロモーション』

③アーティストやクリエイターの活躍の幅を広げるサポートを行う
『エージェンシー』

「Music Bar Session」、「Dance Session」への出演希望ミュージシャン/ダンサー、「Moving Jacket」でのCG制作希望のクリエイターはこちらから
応募フォーム:https://tokyosounds.com/contact/
=======================================

TOKYO SOUNDS

TOKYO SOUNDS

“新しい音楽シーンをつくる”ことを目的として、国内外の新鋭MUSICを発信する音楽メディアSpincoasterと、様々な領域のアート・ディレクション/デザインを手がけるMIRRORのタッグで設立したプロジェクト。https://tokyosounds.com/

RANKING