Rootscoaster Vol.67

Tempalay

FUJI ROCK “ROOKIE A GO-GO” 出演!9/2にデ­ビューEPをリリースする東京インディーシーン話題のバンドTempalayがRootscoasterに登場!

今回のRootscoasterは、結成僅か一年にして FUJI ROCK “ROOKIE A GO-GO” に出演!9/2に デ­ビューEP『Instant Hawaii』を リリースするTempalayが登場!

西海岸を髣髴とさせるメロディーと脱力系サウンドがクセ­になる東京インディーシーン話題のネクスト・ブレーカー のルーツに迫る!!

 


1. Unknown Mortal Orchestra / Ffunny Ffrends

僕がUSインディーにはまったきっかけです。ブラックとサイケミュージックの融合、ときおり海のにおい、スリーピースとゆうこともあり自分たちのバンドの方向性においてかなりの影響をうけました。
音数の少なさやシンプルなリフにメロディー、奇妙なコード進行や言葉選びに遊び心、全てにおいて完璧なソングライティングだと思います。そしてなにより、ロックっす。(小原綾斗 Gt/Vo)

2. Deerhunter / Agoraphobia

 とにかく良いメロディだと思います。単調かつ、ダイナミクスのあまり無いリズムの上に気だるいボーカルが乗っているんですけど、アウトロに向かって音が重なり合っていく展開には確かな狂気を感じます。
元はと言えば「Microcastle」や「Halcyon Digest」の様な内省的な音に惹かれてDeerhunterにハマったのですが、彼らの本当に面白い所は「Monomania」でなんだかんだのロックスピリットを見せてくれた所ですね。
遊び心たっぷりの大好きなロックバンドです!!(藤本夏樹 Dr)

3. HOMESHAKE / Give It To Me

天才です。ピーターシガーのソロプロジェクトですが、彼の遊び心はもう芸術です。芸術の下地は日常からと言いますが、ほんとに好きなことしかしてねんだろなーハンバーガー食ってスケボー乗って友達と遊んでレコードかけて酒飲んで寝るみたいな空気感がやばいです笑   とにかくゆるくてアルバムごとのタイトルが秀逸ですね。でも青空とゆーよりは曇り空が浮かぶのは彼の育ったモントリオールの情景なのかも。まじで天才です。(小原綾斗 Gt/Vo)

Message

今回はいわゆるUSインディーとゆうものばかりになりましたが、もちろんぼくら3人ともオールドミュージックに多大な影響をうけています。ただやはり今この瞬間に自分たちの音をセルフしているやつら、やばい音を出してるやつらこそもっと知られるべきだし広がってくべきです。俺らのルーツとかどうでもいんでアンテナはって今この瞬間やばい音楽探して隣のやつに教えてあげましょう。
そんな僕らの初EP「Instant Hawaii」が9月2日にリリースします!夏の終わりにグッドバイブスな一枚になっておりますので、各々色んな情景を思い浮かべながら何かを感じていただければと思います!


Information

結成一年にしてFUJI ROCK”ROOKIE A GO-GO”出演!東京インディーシーン話題のネクスト・ブレーカー!!東京・埼玉を中心に活動する小原綾斗(Gt&Vo)、竹内祐也(Ba)、藤本夏樹(Dr)による3ピース・バンド。西海岸を髣髴とさせるメロディーと脱力系サウンドがクセになる、東京インディーシーンの中でも一際注目を集める彼らのデビューEP『Instant Hawaii』は、夏の終わりを感じさせるメローで甘いメロディーがクセになるサマー・ポップ・チューン。MOP of HEADのトラックメーカーであるGeorgeのRemixを含む全4曲を収録。EPのトレイラー映像が公開されている。

 

Tempalay / Instant Hawaii
テンパレイ 『インスタント・ハワイ』
2015/09/02 release
PCD-4633
定価:¥1,000+税

tempalay_jacket_low-front

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。