Power Push of SUMMER SONIC '14

by Kohei Nojima

Nojimaによる"サマソニ'14" オススメ・アクト!

本日からサマソニ企画をスタートさせるというお達しがあったため、フジロックの興奮冷めやらぬ中、苗場から帰宅するや否やパソコンを開いてキーボードを叩いております。
フジの病にかかっている方も、気持ちを切り替えて予習して行きましょう!

サマソニはラインナップに関しては毎年、色々と物議を醸し出していますが、ソニックステージがソニックステージである限りはやはりサマーソニックは行っておきたいフェスだなと思います。手軽だし。
そんなNojimaからは今年のソニックステージに立つアーティスト3組をご紹介します。


Phoenix / If I Ever Feel Better


世界のフェスでヘッドライナーを務めるまでのバンドとなったPhoenix。彼らにソニックステージは小さすぎるのでは!?という疑問もありますが、やはり一番楽しみなアクトです。Arctic Monkeysとの被りを懸念していましたが、被害は最小限に食い止められました。

Memberページの影響を与えた3曲にも選んでいるこの曲。自分が海外のインディーロックを本格的に聴くきっかけになったのが2006年のサマーソニックでこの曲を聴いた時でした。国内のギターロックやパワーポップを聴いていた当時、こんなにクールで洗練されたロックがあることに衝撃を受けました。あれから8年。気がつけばこの曲はLast fmの再生回数がトップになっていました。今年の初めの来日ツアーでも披露しましたが、あの低音の響きをまた感じられることが楽しみで仕方ありません。


twenty one pilots / Trees


※ライブ映像は1分30秒から

2012年のフジロックでノーマークから一躍自分のベストアクトの候補となったのがこの、twenty one pilots。しっとりとしたピアノの弾き語りから始まり、大サビでガチアゲなエレクトロチューンで会場を一気に狂気の渦に。昨年のサマソニのCapital Citiesライブを見た方はラストのSafe And Soundの盛り上がりをイメージしていただければと思います。
この映像にある客の上でドラムを叩き上げるパフォーマンスはされるのでしょうか!?縦ノリでガンガン飛び跳ねたい方はぜひ!


Circa Waves / Get Away


3組目は以前にSpincoasterでご紹介させていただいたこのリバプールの4人組ギターロックバンドCirca Waves。
その時は”The Libertines以降のUKガレージ・ギター・ロックの次なる担い手となるか””若々しくエネルギッシュな演奏とグッとくるメロディ、そしてロックの楽しさが詰まった”とご紹介させていただきましたが果たして。それをこの目で確認せねばなりません。


今年のサマソニはPhoenixを筆頭にやArictic Monkeys、KASABIAN、THE HORRORSと自分が洋楽を聴き始めたころに聴いていたアーティストがずらりと並んでおり、自分にとっては中々想い入れの深いメンツになっています。その他にもSKY FERREIRAやBANKSなど次世代の歌姫たちも気になるところ。今年はメッセでストイックにライブを楽しもうかと思います。日焼けしなさそうです。

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。