Chara、IO、m-floら出演『WONK’s Playhouse』レポート到着 YamahaとのコラボMV「Signal」メイキング映像も

WONKが12月2日(月)に東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催した自主企画イベント『WONK’s Playhouse』のレポートが到着。また、YAMAHAとのコラボMV「Signal」のメイキング(Behind The Scenes)映像も公開された。

「Signal」は日々の大切な場面や日常を後押しすることを表現しているYAMAHAのブランド・プロミス「Make Waves」と、アーティストが本当に届けたい音を届ける新製品コンセプトの「True Sound」からWONKが着想を得て制作した楽曲。今回公開されたメイキング映像は2種類。「発信する側(天上世界)」(WONK)と「受信する側(現実世界)」(Bambi)にフィーチャーした映像となっており、11月4日に公開された2つの謎めいた動画が話題となったが、それぞれのフル尺がYAMAHAアカウントより公開中となっている。

天上世界をWONKが演奏することで表現し、現実世界はダンスで表現。YAMAHAのイヤホンを通して、ココロとカラダに音が届けられ、感情の動きに身を任せながら解放されていく様子をダンサー・仲万美を通して描写。天上世界と現実世界の交差とともに、音楽による心象変化も描いている。


【『WONK’s Playhouse』 レポート】

Text by 小川智宏
Photo by 木原隆裕

WONKが親交のあるミュージシャンをゲストに迎えて一夜限りのスペシャル・セッションを繰り広げる自主企画『WONK’s Playhouse』。昨年に引き続き2回目の開催となった今回も豪華なゲストが集結。リキッドルームで驚きの選曲とクオリティが光る演奏でお祭り騒ぎが展開した。

「こんばんは。1年ぶりですね。お寒いなかありがとうございます」。Vo.長塚健斗の挨拶から幕を開けたライブ。まずは「Orange Mug」「Sweeter, More Bitter」とWONK自身の楽曲でフロアを温めていく。3曲目でこの日最初のゲストとしてレーベルメイトのkiki vivi lilyが登場。WONKもプロデューサーとして参加している彼女のアルバム『vivid』からの「Brand New」でスウィートな歌声を披露した。続けて彼女と入れ替わる形でステージに現れたのはbirdだ。彼女の最新作『波形』にkey.江﨑文武が提供した「GO OUT」をグルーヴィーに歌い上げる。江﨑にとって初めての楽曲提供となった記念すべき1曲の演奏を終えて、Ba.井上幹は「めっちゃいい曲ですよね。でもすげえ難しくないですか?」と一言。江﨑も「WONKの悪いところが出た」と応酬する。

さらにゲストを招いてのセッションは続く。次に呼び込まれたのはSHE IS SUMMERことMICO。Dr.荒田洸が作曲とアレンジをした「TRAVEL FOR LIFE」をスタンドマイクでしっとりと披露。その後Yamaha Earphones × WONKとしてのタイップ曲である「Signal」を挟んで、江﨑によるピアノの調べがロマンティックな雰囲気を醸し出すなか、ステージにはFUKUSHIGE MARIが登場した。井上がレコーディングとミキシングを手掛けた彼女のソロ作『JAPANESE ONNA』から、美しいハーモニーが広がる「スプーンの庭」を歌い終えると、彼女は「素敵なイベントですね!」と満面の笑みを浮かべる。

FUKUSHIGEのパートでちょうど折返し。後半戦の口火を切ったのはUME。EPISTROPHから今年デビューしたシンガーソングライターだ。長塚とふたり、スツールに腰掛けて歌ったのはWONKがアレンジで参加した「Feelings」。ギターとベースのみというシンプルな編成のアレンジが、彼女の奥行きのある歌声の魅力をたっぷり引き出していた。そして、UMEと入れ替わりでIOが登場。荒田洸が彼のライブバンドのバンマスを務めるなど浅からぬ縁をもっているKANDYTOWNのMCは、オートチューンを通した声で「Solid.」を歌い上げる。

再びゲストなしでの「J Dilla Medley 1」を披露して歓声を受けたのち、長塚がステージに呼び込んだのはm-floから☆TakuとVERBALのふたり。もともと「かっこいいバンドがいる」とWONKのことを聞きつけていた彼らとWONKは、昨年配信リリースされたm-flo loves 坂本龍一「I WANNA BE DOWN」のリミックスをWONKが手掛けたことで邂逅した。当然今日もその曲をやるのかと思いきや「複雑すぎてできない」「ラップもエディットされていてできない」ということで、なんとm-floのキラーチューン「come again」を披露。華やかでキレのあるm-floサウンドとWONKのグルーヴが混じり合った、レアなセッションにオーディエンスも大盛り上がりだった。

さて、いよいよスペシャルな一夜もクライマックス。長塚がフロントのマイクを離れて江﨑のキーボードのほうに移動する。井上に「ボーカルやめたの?」とからかわれるなか、緊張の面持ちで鍵盤に指を落とす――奏でられたのは「あの」有名すぎるイントロ。その音に合わせてステージにゆっくりと現れたのはChara! どよめきが起きるなか、あまりにも贅沢な「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」が奏でられる。マイクの前とキーボードを行ったり来たりする長塚を見て思わずCharaが吹き出す場面も(「なんか一生懸命やってくれてて、かわいくてチャーミングで笑っちゃった。ごめんね!」とChara)。彼女らしいオープンさで、まるで10年も一緒にやってきたような呼吸がステージ上に生まれる。

「このお祭りは素敵なお祭りだね」とChara。そして荒田と共作した新曲「愛する時」を初披露する。「今年ももうすぐ終わるけど、みなさんの寒い冬が笑顔と愛でぬくもりますように」という彼女の言葉どおり、ほっこりと心が温まるようなメロディと歌がリキッドルームを包み込んだ。そのCharaが去り、いよいよイベントも大詰め。本編最後に「Small Thing」を披露して一度ステージを降りたWONKの面々だが、アンコールで戻ってくると、ここでもスペシャルな一幕が。ドラムキットに長塚が座り、ステージ中央のスツールには荒田が腰をかける。そして演奏されたのは荒田のソロ作『Persona.』からの「Apartment」だった。素晴らしい演奏のあと、井上が長塚に「ドラム緊張した?」と尋ねる。「ヤバいよ!」と長塚。「他の楽器をやって、このメンバーでやれてよかったなと思いました。WONK最高だわ!」。そんないつになく素直な言葉も溢れ出すなか、ラストは「Cyberspace Love」で大団円。すべてが終わったあとにはステージにゲスト全員が集合して記念写真を撮影。和気あいあいとした雰囲気が、さまざまな仲間を巻き込んで進んでいくWONKというバンドを象徴しているように思えた。

WONK Set List
2019.12.2 (Mon) WONK’s Playhouse
1. Intro
2. Orange Mug
3. Sweeter,More Bitter
4. Brand New feat.kiki vivi lily
5. GO OUT feat.bird
6. Promise
7. TRAVEL FOR LIFE feat.SHE IS SUMMER
8. Signal
9. スプーンの庭 feat.FUKUSHIGE MARI
10. Feelings feat.UME
11. Solid feat.IO
12. J Dilla Medley 1
13. come again feat.m-flo
14. Swallotail Butterfly ~あいのうた~ feat.Chara
15. 愛する時 feat.Chara
16. Small Things
EN.1 Apartment
EN.2 Cyberspace Love


【イベント情報】

『WONK’s Playhouse』
日時:2019年12月2日(月) OPEN 18:30 / START 19:30
会場:東京・恵比寿LIQUIDROOM
出演:
WONK
m-flo
kiki vivi lily
SHE IS SUMMER
bird
IO
Chara
FUKUSHIGE MARI
Ume


【リリース情報】

WONK 『Signal』
Release Date:2019.11.11 (Mon.)
Label:EPISTROPH
Tracklist:
1. Signal

WONK オフィシャル・サイト

RANKING