「NINJA PROJECT」からLeon Fanourakis & Awich、NOTHING TO DECLAREのMasを客演に迎えたMV公開

昨年、発表された日本忍者協議会とエイベックスによる「NINJA PROJECT」。東京味の素スタジアムで行われた“a-nation 2018”には、全身を朱もしくは漆黒で覆った謎の集団が登場し、重力を無視した回転技を次々に披露、オーディエンスを沸かせた。

彼らの正体は、エクストリーム・スポーツとして注目を集めているトリッキングで、アジア人初となる世界チャンピオンに輝いたDaisukeをはじめ、世界的プレイヤーを擁する〈TOK¥O TRICKING MOB〉(トーキョー・トリッキング・モブ)のメンバーたち。同時に発表されたティザー映像には、これまた世界を股にかけて活躍し、日本を代表するパルクール集団である〈monsterpk〉(モンスターピーケー)の姿もあり、まさに現代版の「NINJA」としか表しようのない人間離れした動きを披露している。

以降、忍者らしく謎多きプロジェクトとして、その全貌は明らかにされて来なかったが、今回、突如発表されたMVによって、彼らの存在意義の一面が明らかになった。

「NINJA PROJECT」には、それぞれ朱色と漆黒をチーム・カラーとしたBLOOD WILL TELL(ブラッド・ウィル・テル/血は争えないの意)とDARKEST BEFORE DAWN(ダーケスト・ビフォー・ドーン/夜明け前の闇が最も深いの意)の2組が存在。それぞれが異なる理想を掲げ、対立しながらも、音楽とパフォーマンスを通じて、「NINJA」という日本が誇るカルチャーを“世界に発信する”という共通目的を果たしていく。

トリッカーとトレーサー(=パルクールアスリート)に加え、UNVISIONを率い“WORLD OF DANCE Final 2016”で日本人として初代世界チャンピオンに輝いたGENDAIをはじめ、SNSにアップした自身のダンス動画に、Chris BrownやBruno Maersからリアクションが届くなど、唯一無二のヒップホップ・ダンスで注目を集めているHonoka Moriyamaなど、世界トップクラス、日本屈指のダンサーたちが集い、2つのチームを形成している。

BLOOD WILL TELL

DARKEST BEFORE DAWN

今後は、各々が作品ごとに異なるフィーチャリング・ボーカルを迎えたオリジナル楽曲を発表しながら、さらに多分野のトップ・アスリートやアーティストらを募り、これまでにない伝統と未来を融合させた“NINJA”パフォーマンスを行っていく予定。

今回、第一弾楽曲として、BLOOD WILL TELLがBAZOOKA!!!“第8回高校生ラップ選手権”(2015年)とAbemaTV『ラップスタア誕生!シーズン2』(2017年)にて、見事優勝を勝ち取った新進気鋭ラッパー・Leon Fanourakis(レオン・ファノラキス)と、沖縄出身でアメリカへの留学経験を持ち、ウチナーグチ(沖縄語)と英語、日本語を自在に組み合わせた唯一無二のスタイルで注目を集めるAwichをフィーチャリングに迎えた「HOKAGE」を発表。

一方、DARKEST BEFORE DAWNは東南アジアで高い人気を誇り、日本へ活動拠点を移してからも、シンガポール最大規模の音楽フェス“BayBeats Festival”へ出演するなど精力的に活動し、国内でもCRYSTAL LAKEやSHADOWなどのツアー・サポートを務め、ラウド界で頭角を現わしつつあるNOTHING TO DECLAREのボーカル・Masを迎え、「BRGHTST BLCK」を発表した。

いずれの楽曲もプロデュースは、DiploやNERVOなどの世界的なアーティストのリミックスを手がける一方、“Japalanta”や“Trapanese”と呼ばれる「雅楽トラップ」の第一人者としてアジアに先行して欧米から高い評価を得ているRadical Hardcore Cliqueが担当。オリエンタルでボーダレスなヒップホップとラウド・ロックを完成させた。

コレオグラフは、Missy Elliottや、Justin Bieberを客演に迎えたwill.i.amのMVでコレオを手がけるなど、多くの国内外メジャー・アーティストの作品やCMなどで振付や演出を行って来たHidaliのオリジナル・メンバー(現・Blankの野口量/元・WORLD ORDERや梨本威温)が、このプロジェクトのために再集結。コンテンポラリーからアニメーションまで、幅広い動きの演出で目を喜ばせる。

また、VimeoでSTAFF PICを幾度も獲得、つい先日行われたアジア・ツアーでも高い評価を得るなど、世界的な映像クリエイション・チーム〈BRDG〉が手がけたCGも要注目。テクノ法要などでも話題のKen-ichi KAWAMURAが制作を担当し、巨大なL.E.D.に投射され、それを背にメンバーがパフォーマンスを行った。

元々、何にも頼らず、自らの力で世界に挑戦し、様々な分野で高い評価を勝ち得て来たメンバーが、今、世界から大きな注目を集める「NINJA」の名の元にコラボレーションすることで、より高く大きな飛躍を見せんとする本プロジェクト。クール・ジャパンを凌駕し、世界が日本に誇るクレイジー・ニッポンを体現する日は近い。

NINJA PROJECT オフィシャル・サイト