mouse on the keys、安藤忠雄建築とコラボしたライブ映像を公開

mouse on the keysが11月30日に渋谷WWW Xにて開催した自主企画ワンマン・ライブ“FRACTREGION Vol. 1”の映像が公開された。

本公演ではANDO建築の写真や平⾯ドローイング画を使⽤した映像演出をバックに、幻想的な演奏を披露。その中から、国⽴新美術館での“安藤忠雄展―挑戦―”の閉幕に際し、「Dark Lights」のライブ映像がYouTubeにて公開された。

スクリーンには安藤忠雄の代表作である「光の教会」の写真が映し出され、ANDO建築の荘厳さとmouse on the keysが奏でる⾳世界とが⼀体となって表現されている。

VJ/映像演出はrokapenis、照明演出は渡辺敬之、ライブ撮影/編集は映像作家の松沢征典によるもの。なお、12月30日からは、上海の明珠美術館でも“安藤忠雄展ー引领”と題した展覧会が決定しており、

この上海展においても、“直島の⼀連のプロジェクト”インスタ―レーションで「The Beginnings / The Prophecy(TADAO ANDO : ENDEAVORS Version)」が使用されることが決定している。展覧会は2018年5月20日まで開催予定。

■mouse on the keys オフィシャル・サイト:http://mouseonthekeys.net