Itaq、プロデューサーに粗悪ビーツを迎えた新曲「Entrust」本日配信 & MV公開 アートワークはDirty Kiyomiya

Itaqが新曲「Entrust」を本日10月27日(水)にリリース。合わせてMVも公開された。

ABEMA『ラップスタア誕生』やBlack File『オタク IN THA HOOD』でも話題を呼び、今年5月にリリースした2ndアルバム『Savior of Aquarius』や、10月12日(火)にリリースしたEP『Why am I here? [Remixes EP]』などが記憶に新しい21歳のラッパー、Itaq。本楽曲は、今年の秋に地元・北九州から上京したというItaqの友人の女性について書かれた作品。インターネットで知り合った友人であるItaqが、彼女の生い立ちや死別した元恋人、薬物依存などを俯瞰した内容となっている。

プロデュースは、1stアルバム『委託』以来の約2年半ぶりのタッグとなる粗悪ビーツが担当。日本語で”委託する”を意味する「Entrust」というタイトルは、2人による新たなプロジェクトを示唆するものとなっている。

カバー・アートワークは、Itaqの実弟で3DCG作家であるDirty Kiyomiyaが担当。『エヴァンゲリオン』シリーズに影響を受けたという神秘的なデザインとなっている。

そしてMVの監督は、宇都宮を拠点とする新鋭ビデオグラファー・YungRexzが担当。YungRexzにとって初のMVであり、ニュータウン独特の雰囲気を切り取った味のある映像作品に仕上がっている。

Itaq

粗悪ビーツ


【リリース情報】

Itaq 『Entrust』
Release Date:2021.10.27 (Wed.)
Label:粗悪興業
Tracklist:
1. Entrust

Tracks Produced by Soakubeats

■Itaq:Twitter / Instagram / SoundCloud

粗悪興業 オフィシャル・サイト