気鋭のSSW・松木美定、新曲「おぼろの向こう」リリース 「聖蹟桜ヶ丘をイメージした曖昧な内容の曲」

東京を拠点に活動するSSW、松木美定が新曲「おぼろの向こう」を本日11月25日(水)にリリースした。

2018年11月より楽曲制作を開始、SoundCloudに投稿した初作品が様々なアーティストや音楽評論家、音楽ファンの目に留まり急速的に注目を集めた松木美定。これまでに島根・出雲のレーベル〈Local Visions〉からシングル『主観』をリリース。今年2月にリリースした『実意の行進 / 焦点回避』に続く本作は、自身の好きな散歩スポットをイメージした「曖昧な内容の曲」だという。


【松木美定 コメント】

私の好きな散歩スポット東京都多摩市の聖蹟桜ヶ丘をイメージした曖昧な内容の曲です。今年は家にこもって塞ぎがちになってしまった方が多いと思いますので(私も例にもれず)、ぜひこの曲をお供に、暖かくして外へ繰り出し、冬の風と景色を吸収していただければ幸いです。


【リリース情報】

松木美定 『おぼろの向こう』
Release Date:2020.11.25 (Wed.)
Label:Bitei Matsuki
Tracklist:
1. おぼろの向こう

■松木美定:Twitter / Instagram / SoundCloud