M83

Do It, Try It

M83 / Do It, Try It
4月に新作をリリースするM83による、EDMにもFuture Bassにも対抗しうるほどにダンサブルかつパワフルな新曲!

フランス出身のAnthony Gonzalezによるシューゲイザー〜ドリーミー・ポップ・プロジェクト、M83(エム・エイティースリー)が4月にリリースするおよそ4年半ぶりの新作『Junk』より、新曲「Do It, Try It」を公開しました!

荒くトリミングした犬を中心としたこの映像といい、新作のジャケ(下記)からは、タイトル通りどことなくネットを中心とした”ジャンク”で”インスタント”なカルチャーに影響を受けたのかな〜などと推測してみたりも。

しかし、ピアノ・ハウスとシューゲイザーを融合させたかのようなこの新曲は、途中で幾度かのドロップ的な構成も垣間見え、先ほどの推測もあながち間違っていないのかな、などとも思ったりします。
ノイズで空間を埋め尽くし、そこから微かにボーカルが顔を出す……といった王道のシューゲイザー・スタイルを踏襲していた初期とは違い、前作『Hurry Up, We’re Dreaming』でもだいぶエレクトリックかつドリーミーな方向性へと舵を切っていましたが、今作ではその方向性をより推し進めた感じなるのでしょうか。
新作はもちろん、5月に決まっている単独公演としては初となる来日公演も、今から楽しみで仕方ありません……!

==

m83_junk_3600x3600

M83『Junk』
Release Date:2016.04.08
Labele:Naive / Hostess
Cat.No.:HSE-6083
Price:¥2,400+tax
TRACK LIST:
01. Do It, Try It
02. Go!
03. Walkway Blues
04. Bibi The Dog
05. Moon Crystal
06. For The Kids
07. Solitude
08. The Wizard
09. Laser Gun
10. Road Blaster
11. Tension
12. Atlantique Sud
13. Time Wind
14. Ludivine
15. Sunday Night 1987

※日本盤はオリジナル・ステッカーシート、歌詞対訳、ライナーノーツ付

==

【M83 JAPAN TOUR 2016】
2016年5月26日(木)STUDIO COAST
Open 18:00 / Start 19:00
¥6,500(前売り/ドリンク代別)
<問> SMASH:03-3444-6751
詳細:http://smash-jpn.com/live/?id=2458

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes