ハクブンゴウ

寝台列車

ハクブンゴウ / 寝台列車
ハクブンゴウとは一体何ものなのか? 沖縄出身、次世代SSWの全国流通盤デビューEPからシティ・フォークな名曲を!

沖縄在住ということ以外に一切の正体を明かしていない謎のシンガーソングライターのデビューEP『彼がいうには』がリリースされました。

ハクブンゴウはアーティスト写真もなければ、自身のSNSもない、ライブ活動もしないというまさに正体不明のアーティスト。
ネットを通して早耳の音楽ファンにじわじわとその才能が浸透する中、4曲入りのデビューEPが発売された。

楽曲は70sフォーク、ポップスの影響を感じさせながらも、独特のローファイ感とノスタルジックなメロディが癖になる。
先日公開された新曲MV「寝台列車」はシティ・フォークの名曲とも言える。

またSoundCloud上で公開されている楽曲「走り出すのさ」も歌謡曲と疾走感溢れるポップスが融合した佳曲。
はっぴいえんど、北園みなみ、サニーデイ・サービスなど歌謡曲からJ-POPが好きな幅広い層にオススメしたい。
これからの活動にも期待したいです。


haku-bungo_jk

ハクブンゴウ 『彼がいうには』
Release Date:2016.06.02
Cat.No.:PCD-4636
Price:¥1,000 + Tax
Tracklist:
1.嘘並べ
2.寝台列車
3.走り出すのさ 
4.あの日

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。