Calvin Harris

Feels ft. Pharrell Williams, Katy Perry, Big Sean

Calvin Harris / Feels ft. Pharrell Williams, Katy Perry, Big Sean
脱EDMの新たなモードに突入! 極上のファンク・ポップを兼ね備えた今年を代表する最新作

これまでにエレクトロ〜EDMと、時流に合わせてそのシーンを牽引した象徴的人物でもあるCalvin Harrisが、脱EDMサウンドで新たなモードに突入!

オールドスクールなヒップホップ、ファンク、ディスコ、R&Bのクロス・オーバーを試みたアルバムとして、すでに各所で話題になっている最新作『Funk Wav Bounces Vol. 1』から、先日MVが公開されたこちらをピックアップ。

現行ブラック・ミュージックのキーパーソンであるPharrell Williams,、そして問答無用の世界的ポップ・スター・Katy Perry、デトロイトを代表する大御所ラッパーのBig Seanを交えた豪華な客演もさることながら、やはり注目はテンポをグッと抑えたファンク・サウンド。生楽器を多用したスタンダートかつ爽やかなサウンドが、昨今のブラックな雰囲気を上手くすくい上げており、夏の清涼感も感じさせるスッキリとしたポップ・ソングに昇華。

大胆な方向転換を見せつつも、幅広いリスナーにとって受け入れやすいサウンドをしっかり作り込む手腕は、シーンの最前線で長年培われたセンスによるものでしょう。

今作にはFrank Ocean、Migos、Young Thug、Ariana Grande、Future、Khalidなどといった、今が旬の贅沢過ぎるゲストを招致。それに加えて、各トラックでそれぞれ展開されるシンガーとラッパーのスキルフルな掛け合いがこれまた見事で、絶妙な気持ちよさが終始連なったサマー・アンセム満載な作品になっています。

リリース直後から、そのスロウなテンポに滑らかなベース・ラインを多様した作風、そしてPharrell Williamsが参加していることからも、Daft Punk『Random Access Memories』と比較して語られることも多い本作ですが、今後のトレンドを決定付ける重要作というポジションは間違いなさそう。今年、そして今後の流れを象徴する1枚になるのではないでしょうか。

今夏”SUMMER SONIC 2017″ではそんなCalvin Harrisの最新モードを世界に先駆けて堪能できることに期待に胸をふくらませつつ、ぜひ会場で「甘い!」を聴きにいきましょう!

OFFICIAL SITE / Facebook / Twitter / Instagram / Soundclound / Spotify / Apple Music


【リリース情報】

Calvin Harris 『Funk Wav Bounces Vol. 1』
Release Date:2017.6.30 (Fri.)
Label:COLUMBIA / SMJ
Cat.No.:SICP-5428
Tracklist:
1. Slide (ft. Frank Ocean & Migos)
2. Cash Out (ft. ScHoolboy Q, PartyNextDoor & D.R.A.M.)
3. Heatstroke (ft. Young Thug, Pharrell Williams & Ariana Grande)
4. Rollin (ft. Future & Khalid)
5. Prayers Up (ft. Travis Scott & A-Trak)
6. Holiday (ft. Snoop Dogg, John Legend & Takeoff)
7. Skrt On Me (ft. Nicki Minaj)
8. Feels (ft. Pharrell Williams, Katy Perry & Big Sean)
9. Faking It (ft. Kehlani & Lil Yachty)
10. Hard To Love(ft. Jessie Reyez)

Takato Ishikawa

Takato Ishikawa

会社員。ブラックミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Tumblrでも発信しています。(http://vivalavida1992.tumblr.com)