brinq

Time To Say Goodbye - Eng.ver -

brinq / Time To Say Goodbye - Eng.ver -
和製CHVRCHES!?2000年代エレポップ全盛期の懐かしさも。ドハマリする人はけっこういるんじゃないでしょうか!?

都内で活動するエレポッププロジェクトbrinq(ブリンク)のユウフジシマ主催のエレポップイベント”POP UP,elepop”が今週末4月24日(日)にSpincoaster Music Barで開催されます。イベントに先駆けて、Time To Say Goodbyeの英語バージョンが公開されました!

CapsuleやQ;indivi、元気ロケッツ等2000年代後半〜2010年頃のエレポップムーブメントを通過してきたようなサウンドに、CHVRCHESを彷彿とさせるボーカルやノスタルジックなメロディ。ドハマリする人はけっこういるんじゃないでしょうか!?
あと私のフェイバリットであるPhoenixのIf I Ever Feel Betterのカバーをやってたりもします。

そしてbrinqのユウフジシマが主催するエレポップイベントが今週末に開催されます。
SpincoasterからもNojimaとHosakaがDJで参加します!ポップで踊れる音楽が好きな方はぜひ遊びにいらして下さい!

13010250_997380663686424_1793419681_o

当日はこんな音楽が流れます。

【PopUp.elepop】
4/24(sun) open/19:00〜23:30
¥1,000(w1D)

Spincoaster Music Bar(MAP

-DJ-
ユウ フジシマ(brinq) https://soundcloud.com/brinq
NOJIMA (Spincoaster)
HOSAKA(Spincoaster)
電柱茂美
じゃあくねこ
ねーね
TAK KAN
illust by 北村みなみ
http://www.kitamuraminami.com/
CONTACT⇨yufujishima4@gmail.com
twitter @yunism_yunism
—————————–
■brinq(ブリンク)
クリエーターのユウ フジシマを中心としたエレポップ・プロジェクト。 シティポップ〜テクノあらゆるジャンルをクロスオーヴァーしたフューチャーサウンドと 琴線に触れるメロディーラインが特徴。これからのTOKYOシーンを彩っていく。 人気アイドルグループl​yrical school等への楽曲提供をはじめCAPCOMの音楽ゲームCROSS BEATSにも参加、報道番組ジングルやCM等、多方面に活動中。 2016年豪華ゲストを迎え待望の1st アルバムをリリース予定。

Nojima

Curator & Producer

Nojima

ポップなものや踊れる音楽が好きです。【影響を受けたアーティスト】Phoenix / くるり / Acid House Kings