bo en

sometimes

bo en / sometimes
”大都会と砂丘”への出演も記憶に新しいbo enが新たな新曲をフリーDLで公開! カワイイ音色が飛び跳ねる、マジカル・ポップな一曲です!

先月もマルチネ主催イベント、”大都会と砂丘”にも出演を果たしていたイギリスはロンドン出身の気鋭の音楽家、bo en(ボー・エン)が新曲「sometimes」をフリーDLで公開しました。

Sugar’s Campaignなどのボーカルでも知られるシンガーのKeita Hatadaことあきおと、”あきお & bo en”名義でマルチネからリリースしたEP『ぼくらのいろとりどり』にも通ずる音数の多い賑やかな構成ながらも、どこか牧歌的でもあり、そして劇伴のようなストーリー性も感じさせる、マジカルなポップ・ナンバーとなっているこの楽曲。

1stアルバム『pale machine』の頃よりもさらにオーガニックな音使いに移行し、Randy NewmanやVan Dyke Parksといった60年代末〜70年代末のソフト・ロック〜バーバンク・サウンドからの影響も感じさせます。
また、リリックは詩的でありながらも、どこかポジティヴなメッセージ性を伴ったものに。

なお、この楽曲はなんと元々は木村カエラに提供するために制作された楽曲だったようです。
これまでにもYun*chiなどに楽曲提供を行ってきた彼ですが、今後も日本のポップ・カルチャーとどう絡んでいくのかにも期待したいです……!

また、先述の”大都会と砂丘”にて、あきおと「my time」を披露した際の映像も張っておきます。

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes