Alyeska

Lose My Place

Alyeska / Lose My Place
オルタナティブな音楽性と絶妙にマッチする、ボーカル・Alaska Reidの歌声が癖になる一曲!

Los Angelesを中心に活動中の若手トリオ、Alyeskaが「Lose My Place」のMVを公開した。

Alaska Reid率いるAlyeskaは、90年代のオルタナティブ・ロックシーンや、アート・ロックなどに影響を受けたサウンドをメインに鳴らしつつ、インディ・シーンとのリンクも感じさせるオルタナティブ・ロックバンド。何より魅力的なのが、オルタナティブな音楽とマッチしたAlaska Reidの癖になる歌声で、個人的に注目していきたいと思っているアーティストだ。

以前紹介させて頂いたMothersやSpincoasterでもインタビューを行ったDaughterなど、オルタナ女子率いるインディ・バンドが好きな方には是非聴いて欲しいバンドである。

先ずはAlaska Reidの実の妹であるLilliya Reidが手掛けたMVを見て欲しい。

「Lose My Place」は、彼女が元々住んでいたモンタナの小さな街から、多種多様な人々が混同しているLAに引っ越した時に感じた矛盾や、葛藤、寂しさを歌っている一曲。またこの楽曲は、プロデューサーとしてDinosaur Jr、Kurt Vile、Sonic YouthなどもプロデュースしているJohn Agnelloを迎えており、オルタナティブ好きの彼女たちにとっては、まさに最高の相手とレコーディングを行ったといえるだろう。

こちらはダークなギター・サウンドと、少し不気味にも聴こえる歌声が特徴的な一曲。後半になるにつれて増していくノイズや感情が爆発していくようなギター・サウンドは、エモーショナル感抜群で、オルタナファンを魅了するであろう一曲。

Alyeska Facebook
Alyeska Twitter
Alyeska Instagram

Kent Mizushima

Curator

Kent Mizushima

明日フェス / to'morrowというイベントを都内で主催しています。洋楽専門ディストロ〈to’morrow records〉をはじめました。 相変わらずライブハウスによくいます。