Hazel English

I'm Fine

Hazel English / I'm Fine
大注目インディー・ポップSSWのデビューEPをご紹介。

オークランドで活動中のインディー・ポップなシンガーソングライター、Hazel EnglishがデビューEP『Never Going Home』がCourtney Barnettなどもリリースしている〈Marathon Artists〉より10月7日にリリース。今回は何曲か公開されているビデオの中から個人的に一番お気に入りな楽曲でもある「I’m Fine」をご紹介。

EPのラストを飾るこの楽曲は、歪んだギターサウンドとシンセの音色、そしてHazelのキュートな歌声が絡み合う一曲。現在25歳のHazel Englishが普段から日常で感じている事が詞となり、その詞の切なさとメロディーが絶妙にエモーショナルを引き立てます。

こちらは、以前にもSpincoasterでも紹介している、タイトル曲でもある「Never Going Home」のMVです。
この楽曲は「I’m Fine」よりもインディー・ポップ感強めの楽曲。ただ、やはりどこか切なさを際立てるメロディーが魅力的です。

Kent Mizushima

Kent Mizushima

明日フェス / to'morrowというイベントを都内で主催しています。 ライブハウスによくいる人です。