加山雄三

君といつまでも(together forever mix)feat. ECD×DJ Mitsu The Beats

加山雄三 / 君といつまでも(together forever mix)feat. ECD×DJ Mitsu The Beats
「こいつがある 音楽 それだけでOK」――退院おめでとうございます。若大将の名曲に新たな息吹を与えた感動の名曲MVが公開!

来週3月8日(水)にリリースされる、加山雄三の生誕80周年を記念して制作されたリミックス・アルバム『加山雄三の新世界』より、「君といつまでも(together forever mix)feat. ECD×DJ Mitsu The Beats」のMVが公開されました。

進行性がんの治療に専念していたECDは先月末に見事退院。再発しない限り再入院はない旨をTwitterにて伝え、自信のSoundCloudにもタイトル通りのお見舞い返し曲「甘く危険なお見舞い返し」をUPしていました。闘病中のドキュメンタリーもUPされていますので、こちらも是非チェックを。

そして本日、表題のMVを公開。PUNPEEによる「お嫁においで2015」と同じく、若大将の名曲をヒップホップとして再構築。「君といつまでも」の「君」を「音楽」に置き換え、ECDのこれまでの人生を振り返る感動的なリリックと、それを演出する控えめなピアノとストリングスの音色が涙を誘います。もちろん、最後にキレイに「もうひとつのリアル」へと帰着する感じも最高です。

また、ゴスペル的なコーラスと、先述のピアノのリフはどうしてもDonnie Trumpet & the Social Experimentの「Sunday Candy」を想起させます。

押忍マンが焼き鳥店・鳥居亭で、ナオヒロックが自身のビアバー・終日ONEにて働く様子などが差し込まれた本MVは、生活と音楽に対する関係性、距離感を、決して華やかではない姿で、しかし、とても幸福な雰囲気が伝わってくる映像で描き出しているような気がします。言わずもがな、2児の親でもあるECDも、音楽活動と仕事を両立させている人物であり、だからこそ、より一層ズンと胸に響くものを感じてしまいます。

なお、本MVの公開と同時に『加山雄三の新世界』の特設サイトでは、フルではありませんが、全曲試聴も開始しております。
水曜日のカンパネラ、ももクロ、スチャダラパー、RHYMESTER、KAKATOなどなど、超豪華な面々が参加した本作は、それぞれのアーティストによる様々なアプローチが楽しめるだけでなく、加山雄三の楽曲の魅力にも改めて気付かされます。

前述の「甘く危険なお見舞い返し」は下記。こちらはIllicit Tsuboiがミックスだけでなく、コーラスも担当しているとのこと。リリックはTwitterにて公開されています。


【リリース情報】

加山雄三 『加山雄三の新世界』
Release Date:2017.03.08 (Wed.)
Label:ドリーミュジック
Cat.No.:MUCD1380
Price:¥2500 (Tax In)
Tracklist:
01. お嫁においで2015 feat. PUNPEE
02. 蒼い星くず feat. ももいろクローバーZ×サイプレス上野とロベルト吉野×Dorian
03. 夜空の星 feat. KAKATO×川辺ヒロシ
04. ブラック・サンド・ビーチ~エレキだんじり~ feat. スチャダラパー
05. 旅人よ feat. RHYMESTER
06. 夕陽は赤く (yah-man version) feat. RITTO×ALTZ
07. 海 その愛 feat. 水曜日のカンパネラ
08. 君といつまでも (together forever mix) feat. ECD×DJ Mitsu The Beats

■特設サイト:http://kayama-shinsekai.com/

==

ECD×DJ Mitsu the Beats / PUNPEE 『君といつまでも(Together Forever Mix) / お嫁においで 2015』 (7inch)
Release Date:2017.03.10 (Fri.)
Label:NEW JAPAN
Price:¥1814 (Tax In)
Tracklist:
A1. 君といつまでも(Together forever Mix) feat. ECD×DJ Mitsu the Beats
AA1. お嫁においで2015 feat. PUNPEE

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes