TWINKLE+

There is feat. NIPPS, MARIA, GAPPER

TWINKLE+ / There is feat. NIPPS, MARIA, GAPPER
ブッダ・イズムを受け継いだ真のリリカル・モンスターが放つ、挨拶代わりの極上マイク・リレー!

6月7日(水)に自身初のソロ・アルバム『JAPANESE YEDO MONKEY』を〈SUMMIT〉からリリースするTWINKLE+が、PUNPEEプロデュースによる注目曲「There is feat. NIPPS, MARIA, GAPPER」のMVを公開しました。

東京下町出身のメンバーで結成された洛陽船でキャリアをスタートし、HELL RAISER CARTEL名義のEPや数々の名客演で着実に爪痕を残し続けてきた生粋の江戸っ子、TWINKLE+。

今作は、レーベル・メイトでもあるPUNPEEがトラックを担当していますが、Beastie Boys「The New Style」のサンプリングで、まずはヘッズの心をがっちり鷲掴み。
遊び心とドス黒さを同居させて、どこかD.Lライクに仕上がった古くて新しい質感が、NIPPSをはじめとした錚々たるMC陣のポテンシャルを存分に引き出しています。

ブッダ・イズムを受け継いだ「ILLでいる秘訣知ってる」最後の男がシーンにカムバックした本当の理由とは? お馴染みの不気味な笑い声に誘われた我々は、既に彼の手中にあるのかもしれません。

なお、本日5月31日(水)より本作『JAPANESE YEDO MONKEY』がiTunes Storeで予約開始。併せて、アルバム収録の「There is feat. NIPPS, MARIA, GAPPER」と「Ultra Man+」の2曲が先行配信されています。


【リリース情報】

TWINKLE+ 『JAPANESE YEDO MONKEY』
Release Date:2017.06.07 (Wed.)
Label:SUMMIT,inc.
Cat.No.:SMMT-94 / XQMV-1005
Price:¥2,500 + Tax
Tracklist:
1. JAPANESE YEDO MONKE¥
 Produced by K-Beat+
2. Fu-jin Raijin feat. IQ∞
 Produced by Southpaw Chop
3. There is feat. NIPPS, MARIA, GAPPER
 Produced by by PUNPEE
4. 真夜中の猿
 Produced by MUJO情
5. KEEP ON
 Produced by K-Beat+
6. Midnight Run (TYO)
 Produced by DJ Mitsu the Beats
7. SUPER EMCEE’S PT. 3 (LETHAL WEAPON PT. 4) feat. Akeemoney, KZA, IQ∞
 Produced by The Anticipation “#Based” Illshit Tsuboi
8. Mukashi Mukashi (Skit)
 Produced by K-Beat+
9. チュン チュン
 Produced by OMSB
10. 八百夜町 feat. chee-tah man jack from 洛陽船
 Produced by K-Beat+
11. KIRO
 Produced by plasticmanjp from 洛陽船
12. Dush!
 Produced by K-Beat+
13. KAIRAKU feat. OMSB
 Produced by BIM
14. Ultra Man+
 Produced by Gradis Nice
15. Sentimental (メランコリー)
 Produced by K-Beat+

■詳細:https://www.summit2011.net/artists-1/twinkle/

Ryota Inoue

Ryota Inoue

Cinematic Musik Review(http://blog.livedoor.jp/cinerama_cgrl/)というブログを書いています。 【影響を受けたアーティスト】Meteor / MONJU / 面影ラッキーホール