Thundercat

Tokyo

Thundercat / Tokyo
子供の頃からの憧れの地で撮影された、まさに「Tokyo」ラヴァーなMVが公開! 無邪気にはしゃぐ姿は必見です!

先日開催された”FUJI ROCK FESTIVAL’17″最終日のフィールド・オブ・ヘブンのトリを務めたThundercatが、今回の来日時に撮影したというMVが公開! 本人が子供の頃から憧れていたという東京で、日本のカルチャーに無邪気にはしゃぐ本人の姿はファン必見です!

渋谷、表参道から秋葉原を中心に、まんだらけコンプレックス、猫カフェ、ゲーセン、ガンダムカフェ、釣船茶屋「ざうお」、パチンコ、PRIME 1 STUDIO、山手線、ガチャガチャなどなど、自由に観光を楽しむ姿がとにかく愛くるしい……! ファンならご存知の方も多いと思いますが、実は彼は大のドラゴンボール・ファン。子供の頃にもらった『ドラゴンボール』のブレスレットがキッカケで夢中になり、当時は早朝に流れていたというテレビ放送をかかさず見続けるほどハマったそうです。

以後、日本の多様なカルチャー/人間性にまで魅了されるようになり、本楽曲「Tokyo」も生まれたわけです。ちなみにThundercatというアーティスト名の由来は、日本で作画された米人気アニメ『ThunderCats』からきているとのこと。

もちろん、先日のフジロックでも彼のステージは、多くの方がベスト・アクトに挙げるほどの大盛況っぷり。圧巻のフィンガー・ピッキングとトリオ編成によるテクニカルなジャム・セッション、かつMVでもわかる通り本人のユーモラスなそのキャラクターも相まり、多くのオーディエンスがそのパフォーマンスの虜となったことでしょう。まさしく彼にとっての『ドラゴンボール』のように。

OFFICIAL SITE / Facebook / Twitter / Instagram / Bandcamp / Spotify / Apple Music


【リリース情報】

Thundercat 『Drunk』
Release Date:2017.02.24 (Fri.)
Label:Brainfeeder / Beat Records
Cat.No.:BRC-542
Tracklist:
01. Rabbot Ho
02. Captain Stupido
03. Uh Uh
04. Bus In These Streets
05. A Fan’s Mail (Tron Song Suite II)
06. Lava Lamp
07. Jethro
08. Day & Night
09. Show You The Way (feat. Michael McDonald & Kenny Loggins)
10. Walk On By (feat. Kendrick Lamar)
11. Blackkk
12. Tokyo
13. Jameel’s Space Ride
14. Friend Zone
15. Them Changes
16. Where I’m Going
17. Drink Dat (feat. Wiz Khalifa)
18. Inferno
19. I Am Crazy
20. 3AM
21. Drunk
22. The Turn Down (feat. Pharrell)
23. DUI
24. Hi (feat. Mac Miller) *Bonus Track for Japan

Takato Ishikawa

Curator & Interviewer

Takato Ishikawa

会社員。ブラック・ミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Tumblrでも発信しています。(http://vivalavida1992.tumblr.com)