Tempalay

Austin Town

Tempalay / Austin Town
Tempalay、新MVは60〜70年代オマージュ!? ポップ・センスが大きく開花した新作EPからの一曲!

Tempalayが先月リリースした新作EP『5曲』から、新たなMV「Austin Town」を公開しています!

本映像は1965年から1972年までドイツで放送されていた音楽番組『Beat Club』をオマージュした、本人たち曰く初となる演奏シーンをメインとしたMV。
まるで60〜70年代のサイケ・バンドのような衣装、雰囲気で、途中に挟まれるインタビューやオフショット的なシーンまで、彼ららしいユーモラスな作りとなっています。

インタビューでも語られれていましたが、タイトル通り5曲入りのEPとなっている最新作は、それぞれアメリカの地名に紐付いた楽曲となっているようで、この「Austin Town」もまさに。
この曲は、淡いサイケデリックなグルーヴはこれまで通りですが、サックスやガチャガチャとしたパーカッション(?)のような音色が加わり、とても華やかな音像の一曲となっています。また、歌メロと綾斗さんのボーカルもより洗練された印象を受けます。

ちなみに、現在中国ツアー中のTempalayは、3月18日(土)渋谷WWWにてLAからJerry Paperを招聘して『5曲』のリリース・パーティーを行う予定ですが、なんとそこにオープニング・アクトとして盟友ドミコの出演も発表されましたので、こちらもお見逃しなく!


【イベント情報】

“Tempalay『5曲』リリースパーティー&Jerry Paper来日東京公演”
3/18(土) at 東京 渋谷WWW
OPEN 18:00 / START 18:30
TICKET: adv.¥3,500 (D別) / door. ¥4,000 (D別)
LIVE: Tempalay / Jerry Paper(from LA) / ドミコ(OA)

※各プレイガイドにてチケット発売開始


【リリース情報】

pcd4549_tempalay

Tempalay 『5曲』
Release Date:2017.02.15
Price:¥1,500 + Tax
Cat.No.:PCD-4549
Tracklist:
1. New York City
2. Austin Town
3. ZOMBIE-SONG feat. REATMO
4. CHICAGO in the BED
5. San Francisco

■オフィシャル・サイト:http://tempalay.com/

oden

Curator

oden

都内の大学に通う神奈川県民(not YOKOHAMA)。音楽は浅く広く、邦楽も洋楽も色々聴きます。住んでるのが田舎なのでライブはたまにしか行けません。おでんとビールが好き。