SPIN.DISCOVERY -VOL.02-

出演アーティスト5. give me wallets

SPIN.DISCOVERY VOL.02 出演アーティスト5. give me wallets
東京のインディ・シーンからより大きなフィールドへと羽ばたいた4人組、give me walletsをフィーチャー!

SPIN.DISCOVERY Vol.2出演アーティスト紹介第5弾となる今回は、洒脱なニューディスコ〜エレポップを奏でる東京を拠点とする4人組、give me walletsを(改めて)ご紹介!
(以前掲載した記事や、Vo.JesseとShiggy Jr.の原田茂幸との対談記事などはコチラからチェック!)

結成時から一貫としてブレない音楽性と、VJも駆使して視覚的なアプローチも行うそのライブ・スタイルなどによってジワジワと活躍の場を広げてきた彼らですが、先月リリースとなった2nd EP、『Looking For The Special』は今までの集大成とでも呼びたくなるほどの完成度を誇る作品となっております。

なにはともあれ、以前も紹介させてもらいましたが、tofubeatsの「水星」や「So What!?」などにフィーチャリングされていたことでも知られる仮谷せいら(現在では彼らと同じくPump!というレーベルにも所属)を招いた問答無用のキャッチーさを誇る新作EPの表題曲を聴いてもらうのが彼らの魅力を知る一番手っ取り早い方法かも知れません。

KitsuneModularといったダンスとロック〜ポップが融合したサウンドを得意とする海外レーベル界隈とも共鳴(Kitusne主宰のパーティへの出演経験もアリ)しながらも、アッパーになり過ぎずどこか日本人らしい情緒も感じさせる点も彼らのサウンドの特徴といえるかもしれません。
また、楽曲の端々から感じ取れるDJ的なエディット・センスを活かして名古屋のOrlandや海外アクトのリミックスも手がけるなど、以前から東京や日本という枠をはみ出した活躍ぶりをみせていました。

もちろんアップテンポな四つ打ちだげが取り柄なわけでもなく、最新EP収録の、前述の「Looking For The Special」と同じく仮谷せいらを招いた「Yes, I Do.」のようなスローに聴かせるナンバーもお手の物。

そしてここ最近ではなんとあのYUKIの最新作『FLY』収録のシングル「誰でもロンリー」、「君はスーパーラジカル」の作曲を手がけたことも大きな話題となりました。
裏打つビートが軽快なダンス・チューンですが、抽象的な歌詞も独特の世界観を放っております。

==

SPIN.DISCOVERYはライブをメインとしたデイ・イベントですが、幻想的なVJが加わった彼らのライブ中はさながらクラブのダンス・フロアにいるかのような錯覚に陥るはずです……!
是非とも踊りましょう!

LABEL | WEB | Twitter | Facebook | SoundCloud | YouTube

Text by Hosaka

==

SPIN.DISCOVERY Vol.2のチケットのご購入はこちらから
イープラス

Spincoaster

Spincoaster

Spincoaster(スピンコースター)は、独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介する音楽情報メディアです。