Seiho

Bird Scat

Seiho / Bird Scat
Seihoが久方ぶりに単発で新曲を公開! 意味を持たない言葉=スキャットが不規則に飛び交う妖艶な一曲!

今年待望の3rdアルバム『Collapse』をMatthewdavid主宰レーベルである〈Leaving Records〉よりリリースし、ワールドワイド・デビューを飾ったSeihoが、新曲「Bird Scat」を公開しました。

ウェットな質感で覆われたビートに、カットアップされた艶やかな声が飛び交う本楽曲。中盤のビートがなくなる部分の展開は特に鳥肌モノ。

また、Seihoは『Collapse』リリース時のインタビューで、「人間がいなくなったけど機械や人工知能だけが動き続けてる、機能し続けている世界」や、そこで「人工知能が”Deep House”を独自の解釈で演奏したら〜」といったような話をしていただけあって、もしかしたらこの「Bird Scat」という楽曲は、人工知能がスキャットや鳥の鳴き声? 鳴きマネ? を解釈した結果をイメージした楽曲なのかなと、考えを巡らせてみたり。

■関連記事:Interview / Seiho

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes