Ronald Bruner, Jr

Take the Time (feat. Thundercat)

Ronald Bruner, Jr / Take the Time (feat. Thundercat)
待望のソロデビュー作から、Thundercatをフューチャリングした兄弟コラボ曲!

ロサンゼルス出身でドラマーやプロデューサーとしても活躍するRonald Bruner, Jrが、3月3日(金)にキャリア初となるソロ・デビュー作『Triumph』を公開! すでにシングル・カットされていた、実の弟であるThundercatをフィーチャリングした楽曲も収録されております。

なんといってもドラム一打一打がパワフル、そしてさらに手数が多い! それでいて時折タイトに抑えるところは抑えつつ、高度なテクニックが冴え渡る仕上がりに。アルバムでは1曲目の冒頭から強力なドラム・ソロが始まり、全体を通してとにかく前へ前へフレーズを重ねるドラミングが魅力的です。

これまでPrince、Stanley Clarke、Kenny Garrett、Marcus Miller、Suicidal Tendenciesなどフュージョンやジャズ、ファンクの大御所から、Kendrick Lammer、Terrace Martinといったヒップホップの中心シーンのサポートを数多く手掛けるなど、とにかく数多くのコラボとキャリアを重ねてきた彼。

直近では、昨年末のKamasi Washingtonの来日公演に参加し、彼のサックスを食いかねないほどのドラム・ソロを目の当たりにさせられました。もはや前に出まくって客席まで飛び出しそうな迫力あるドラミングが印象的で、サポート枠に収まらないほどのタレント力を持つ、エネルギッシュなドラマーでした。再来日を強く希望します。

■Facebook:https://www.facebook.com/Drummaboiblue/
■Twitter:https://twitter.com/drummaboiblue1


【リリース情報】

Ronald Bruner, Jr 『Triumph』
Release Date:2017.4.19 (Wed)※国内盤
Label:rings
Tracklist:
1.True Story
2.Take The Time (feat.Thundercat)
3.She’ll Never Change
4.Geome Deome (feat.George Duke)
5.Whenever
6.Doesn’t Matter
7.Open The Gate
8.One Night
9.Sensation (feat. Mac Miller and Danielle Withers)
10.To You / For You
11.Chick’s Web

Takato Ishikawa

Takato Ishikawa

会社員。ブラックミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Tumblrでも発信しています。(http://vivalavida1992.tumblr.com)