Moonchild

Cure

Moonchild / Cure
LAを拠点に活動する新世代ネオソウル・バンドが、待望の新作アルバムをリリース決定!

南カルフォルニア大学のジャズ・スクールで結成され現在はLAを拠点に活動するMoonchildが、5月26日(金)に待望の3ndアルバム『Voyager』(ボイジャー)をリリース決定(国内盤は6月2日)! 収録曲のなかから、先日MVが公開されたリード・トラックをご紹介。

メンバーはAmber Navran(アンバー・ナヴラン)、Max Bryk(マックス・ブリック)、Andris Mattson(アンドリス・マットソン)によるトリオ編成。やわらかいローズ・ピアノに流れるようなベース・ライン、そしてシルキーで透き通った歌声というネオ・ソウル、R&B、現行ジャズ・シーンのアプローチを丁寧に取り入れた魅惑的なサウンドとなっています。しかしまた、MVのロケーションが自然ど真ん中で最高ですね。。。

2012年と2015年にそれぞれリリースしたフル・アルバムが高評価を得て、新世代のネオ・ソウルバンドとして注目を集めている彼ら。Robert GlasperやJose Jamesなどが賞賛し、The Internet、Jill Scott、さらにはStevie Wonderと共演を果たし、世界中の大御所ジャズ、R&Bプレイヤー、ひいてはリスナーから愛されまくっているという恐ろしいバンドであります。
彼らのことは一昨年の2ndアルバムで知ったんですが、初期のErykah Baduを彷彿させるソフトなボーカルと軽やかなリズムとチルで一気に吸い込まれた記憶があります(今もまた吸い込まれてます)。

今月下旬にリリースされる最新作は、カリフォルニアの都市から離れた大自然のなかにある山荘内でレコーディングされた模様で、D’AngeloやHiatus Kaiyoteの作品参加で知られるJeremy Mostからインスピレーションを受けてアルバム制作を行ったとのこと。昨年のコットンクラブでの来日ライブもいい盛況だったようで、今年は6月まで全米ツアーを回る彼らですが、日本でも再びライブを観れることを祈るばかりでございます。

OFFICIAL SITE / Facebook / Twitter / Instagram / Soundclound / bandcamp / Spotify / Apple Music


【リリース情報】

Moonchild 『Voyager』 ※国内盤
Release Date:2017.06.02 (Fri.)
Label:Tru Thoughts / Beat Records
Cat.No.:BRC549
Tracklist:
1. Voyager – Intro –
2. Cure
3. 6am
4. Every Part – for Linda –
5. Hideaway
6. The Listl
7. Doors Closing
8. Run Away
9. Think Back
10. Now and Then
11. Change Your Mind
12. Show The Way
13. Let You Go
14. Cure-instrumental- [Bonustrack for Japan]
15. The List-instrumental- [Bonustrack for Japan]

Takato Ishikawa

Curator & Interviewer

Takato Ishikawa

会社員。ブラック・ミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Spotifyでも発信しています。(https://goo.gl/kn4hei)