ものんくる

ここにしかないって言って

ものんくる / ここにしかないって言って
ジャズとポップスの最適解! 菊地成孔プロデュースのメジャー2作目となる最新作がリリース!

ジャズを基軸にポップで聴き心地のよいサウンドが魅力の2人組ユニット・ものんくるが3年ぶり3作目となるニュー・アルバム『世界はここにしかないって上手に言って』を先日リリース! メジャー・デビュー後としては2作目となる今作から、先日MV公開されたリード曲をピックアップ。

洗練されたアコースティック・サウンドにボーカル・吉田沙良の力強く伸びのある歌声が溶け合った、ものんくるの持ち味が光る仕上がりに。ヒップホップのビートの引用しつつ、少数のストリングスを交えたクロスオーバー的アプローチが垣間見えており、重ね録りされたボーカルや恋人目線から語られる歌詞によって、より馴染みやすく上質なポップスとして成立していると思います。

そしてMVは、長年に渡って同バンドのプロデュースを手掛けてきた菊地成孔が監督を務め、なんと吉田氏の自宅にて撮影された模様。昼下がりの小さな部屋で育まれるプライベートな小宇宙としての雰囲気が伝わる、シティー・ポップ・ライクな映像美となっております。

最新作のゲストには前作同様に菊地成孔をプロデューサーに迎え、斉藤ネコ、黒田卓也、桑原あい、井上銘、石若駿、宮川純など世代を超えた実力派のジャズ・ミュージシャンたちが結集。日常に寄り添ったノスタルジーやポップネスに溢れた世界観が、Steely Danを彷彿とさせるジャズとポップスのいいとこ取りをしたサウンドで散りばめられた快作だと思います。正直、菊地成孔フォロワーに広まるだけではもったいなすぎるほど。ぜひ一聴を。

OFFICIAL SITE / Twitter / Instagram / Soundclound / Spotify / Apple Music


【リリース情報】

ものんくる 『世界はここにしかないって上手に言って』
Release Date:2017.07.12 (Wed.)
Label:ヴィレッジレコーズ
Cat.No.:VRCL-10135
Tracklist:
1. Driving Out Of Town
2. 空想飛行
3. SUNNYSIDE
4. 花火
5. Birthday Alone
6. ここにしかないって言って
7. 時止まる街
8. 二人
9. 透明なセイウチ
10. 最終列車 君を乗せて
11. the dawn will come

Takato Ishikawa

Takato Ishikawa

会社員。ブラックミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Tumblrでも発信しています。(http://vivalavida1992.tumblr.com)