Lido & Canblaster

Superspeed

Lido & Canblaster / Superspeed
ノルウェーとフランス、両国のエレクトロニックな音楽シーンをそれぞれ牽引する新世代プロデューサー同士による夢のコラボが実現!

以前も紹介させてもらったことのあるノルウェー出身のトラックメイカー、Lidoが同じくフランスの次世代を代表するトラックメイカー/プロデューサー、CanblasterとのコラボEPをリリースしました!

本作はネットを中心としながら発展してきたJersey ClubやFuture Bassと呼ばれるようなシーンにおいて、現在ではカリスマ的存在となっているLidoと、フレンチ・エレクトロ界隈のベテランからのフックアップを受けながらも、そこに収まりきらない才能をみせているCanblasterによる作品となりますが、今回紹介する表題曲についてはJersey Club的なカットアップしたかのような細切れなリズム、そしてピッチアップしたR&B的なボーカルと、どちらかというとLidoの色が強く出た曲と言えるかもしれません。

しかし、中盤から乗っかてくる上音や変態的な(褒めてます)ブレイクの入れ方は、Canblasterの仕業のような気もします。

一過性のブームかと思われていたJersey Clubが今まさに進化していくのを目にしているかのような気持ちになり、個人的にはこの曲を、いやこの作品を聴く度にとてもドキドキします。

また、同EPより表題曲よりも先に公開されていた「Rush Hour」は以下。
こちらはズッシリと重く響くキック音と、神聖なシンセの音色の対比が面白いトラップ・チューン。
この曲はCanblasterの色の方が強いですね。

Superspeed EP』の全曲試聴は以下のSoundcloudプレイヤーより可能です。
なお、この作品の制作風景のドキュメンタリー映像もUPされておりますので、是非ともチェックを。

==

『Superspeed EP』のDLはコチラから(iTunes)

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes