John Gastro

夜を使いはたして feat. PUNPEE (Full-Band Cover)

John Gastro / 夜を使いはたして feat. PUNPEE (Full-Band Cover)
J/Gがまたやってくれました。より扇情的で胸に響く「夜を使いはたして」フルバンド・カバー音源が公開!

私の2016年の年間ベストにも挙げさせて頂いた名曲ことSTUTSの「夜を使いはたして feat.PUNPEE」。書くのが遅くなってしまいましたが、そんな名曲のこれまた名カバーが稀代のソングライターJohn Gastroにより公開されました!

楽曲の持つエモーショナルな要素を、John Gastroの多層的なコーラス・ワークとバンド・セットの音に落とし込むことで、さらに扇情的な楽曲になっています。また、「サラリーマンの親父も昔グランジバンド」といった歌詞の置き換えもニクいですね。
原曲とは違った土臭い音像や手数の多いビート、印象的なピアノ・リフをギターに置き換えていたり、どこか疾走感すら感じるようなアレンジも秀逸。

また、楽曲への愛はもちろんのこと、「ヒップホップ不遇の時代の夜明け」、そしてそれに対する憂い、切なさといった原曲のPUNPEEによる裏テーマ的な部分だけでなく、John Gastroがこの楽曲に感じた思いや、音楽への向き合い方が現れているような印象すら受けます。
とくに後半の「いくつもの夜を使い果たして 気づけば 君以外 行方不明」という歌詞がくりかえされる部分はJohn Gastroが歌うと、より強い意味を持って胸に響くのではないでしょうか。本楽曲はSoundCloudからフリーDL可能ですので、是非ともチェック&落としてみて下さい。

Yuma Yamada

Curator & Interviewer

Yuma Yamada

クラブ・ミュージックや日本のインディ・ロック周辺を聴いています。DJは練習中です。