Joey Bada$$

Land of the Free

Joey Bada$$ / Land of the Free
パワフルなメッセージ性を擁した、熱くリアルなヒップホップ・ナンバー!

Brooklyn出身のラッパーであり、〈Pro Era Records〉所属のJoey Bada$$(ジョーイ・バッドアス)が4月7日にリリースした2ndアルバム『ALL-AMERIKKKAN BADA$$』が、先週のビルボード・チャートR&B/Hip-Hopアルバム部門でNo.2を獲得した。

オールドスクールなビート感も残しつつ、今風なテイストも織り交ぜた絶妙なサウンドに、ポリティカルな力強いリリックスを乗せた曲が満載のアルバム。どの曲も現代のアメリカで起きている社会問題を考えさせられるような、彼の情熱を思っ切り表現された作品になっている。

特に「Land of the Free」のMVは力強いインパクトで注目された。ディレクターのNathan R. Smithとラッパー本人によって手掛けられ、映像の中でも白人のバビロンたちが持つ銃を手で払うシーンや、歌詞の中でも

「Sorry America, I will not be your soldier/ Obama just wasn’t enough,I need some more closure/ And Donald Trump is not equipped to take this country over. Let’s face facts ‘cause you know what’s the real motives(残念だねアメリカ、僕は君の戦士にはなれない。オバマは力不足だった、もっとマシな結末が必要だ。そしてトランプはこの国を引き継ぐ体勢が整っていない。現実に向き合おう、なぜなら何が本当の真意か知っているから)」

などとストレートに今のアメリカ政治状態、社会に対しての彼のメッセージが込められている。

また、本作挿入曲の「For My Pepole」はそんなネガティブな状況でもポジティブにピースで生きていこうぜという、こちらもメッセージ性たっぷりのナンバーであり、個人的に大好きな曲。
アルバムにはJ. Cole、ScHoolboy Q、Chronixx、Flatbush Zombies’s、Meechy Darkoや〈Pro Era〉からKirk Knightなどとのフューチャリング曲も含まれ、聴き応えたっぷりのアルバムとなっている。


【リリース情報】

Joey Bada$$ 『ALL-AMERIKKKAN BADA$$』
Release Date:2017.04.07 (Fri.)
Label:Pro Era / Cinematic Music Group
Tracklist:
01. Good Morning Amerikkka
02. For My People
03. Temptation
04. Land of the Free
05. Devastated
06. Y U Don’t Love Me (Miss Amerikkka)
07. Rockabye Baby
08. Ring the Alarm
09. Super Predator
10. Babylon
11. Legendary
12. Amerikkkan Idol

Yayoi

Yayoi

ライタ-・翻訳。幼い時から伝統阿波踊りや、トランペットを習うなど音楽に触れて育つ。15歳の頃からブラックミュージックに心を奪われ、ストリートカルチャーやアメリカの音楽を中心に学び今に至る。ブルックリン在住。Wax Poetics Japanでも活動中。