GANGLY

Whole Again

GANGLY / Whole Again
春になる前に聴いて欲しいアイスランドの新人アーティストをご紹介。

人口30万人という小さな島国でありながら、特有の文化や気候などがリンクし、新しい独自の音楽を世界に発信し続けている国、アイスランド。最近では、Of Monsters And MenやÁsgeirが世界に名前を知れ渡らせましたが、次はこのGANGLYに注目してみては如何でしょうか。

GANGLYはSamarisで活動中のJófríður Ákadóttir、Oyamaで活動中のÚlfur Alexander Einarsson、SeabearSin Fangというソロ名義でも活動中のSindri Már Sigfússonによる豪華3人組で、既にデンマークで開催されるFoo Fighters、The Weeknd、 Arcade Fireなども出演する大型フェス”Roskilde Festival”への出演も決定しております。

まずは、先日公開された4thシングル「Whole Again」のMVを御覧ください。

今までに公開されている3つのMVに続き、今回も人造人間が主人公になっている本MV。前作の「Blow Out」から物語が続いているようにも思えます。

肝心の楽曲はというと、同郷のレジェンド・Björkを彷彿させるアイスランドらしいダークな空気感に包まれたエレクトロ・サウンド。そんなダークなサウンドの中での緩急の付け方が印象的で、それによってさらにエモーショナルな部分が増幅。
Sigur Rósなどもそうですが、アイスランドの音楽はただ冷たいだけでなく、その中からとても人間っぽい感情が音から伝わってくる部分が、個人的にはアイスランドの音楽に世界中が惹かれる理由のひとつだと思います。

現在、4曲のシングルを公開しているGANGLYですが、この手の音楽は早くアルバムで聴きたいところですよね。まだアルバムに関しては情報は無いのですが、コンスタントにシングルを公開しているあたり期待していいはずです。続報を待ちましょう!

■GANGLY オフィシャル・サイト:http://www.gangly.is/

Kent Mizushima

Curator

Kent Mizushima

明日フェス / to'morrowというイベントを都内で主催しています。洋楽専門ディストロ〈to’morrow records〉をはじめました。 相変わらずライブハウスによくいます。