Dbo

우주(Space)

Dbo / 우주(Space)
実力派若手が群雄割拠する韓国ヒップホップ・シーンから、独特のフロウを纏った若手ラッパー・Dboが強烈な新MVを公開!

トロントを拠点とする韓国人ヒップホップ・クルー、“FPL(Fuck Peace Love)”に所属するラッパー、Dboが先月リリースしたミックステープ『Arter 7』より、「우주(Space)」のMVを公開。「Space」、つまり宇宙という意味の「우주」は、日本語と似た「うじゅ」という読み方をする。その「うじゅ」と繰り返されるフックは、Dbo特有の力の入らないユニークなフロウとも相まって不可思議でありながら中毒性がある。

Dboは昨今注目を浴びる韓国のヒップホップ/R&Bシーンの中でも、なかなか聞きなれない(情報の少ない)名前だが、デビュー前には韓国で絶大な人気を誇るヒップホップ・コンテスト番組『Show Me The Money』のシーズン3に出場していた。ただ、その後はトロントへ拠点を移しアンダーグラウンドな活動を展開。OkasianKeith ApePaloaltoなどを擁する韓国の人気ヒップホップ・レーベル、〈HI-LITE Records〉周辺のアーティストとコラボをしながら自身名義のミックステープも数枚発表し、少しずつキャリアを築いていた。

この「우주(Space)」を収録した『Arter 7』は、そのを今年脱退したB-Freeが同じく人気ヒップホップ・アーティスト、Double K と共に新たに設立したレーベル、〈NEW WAVE RECORDS〉からリリースされている。

また、ヒップホップ・クルー、”Jay Co Bees”に所属するArkhe Lee監修によるインパクト大なこのMVは、先日もゆるふわギャングの「Fuckin’ Car」のMVを公開して話題になった、アジアのカルチャーをクールさとユーモアを交えた方法で世界へ広める話題のプラットフォーム、88risingでも公開。Dboは今後、北米を中心にこれまでよりさらに広いシーンで注目されることが予想され、メインストリームからアンダーグラウンドまで多様な才能が群雄割拠する韓国のヒップホップ・シーンの中で注目且つ異色の新鋭といえるだろう。

『Arter 7』よりもう一曲貼っておこう。フロウにおけるこの独特の音の置き方は、韓国語だからこそ出来る方法のように感じるが、あえて北米のシーンで似たタイプを探すならYoung Thugだろうか。


dbo-arter7

Dbo 『Arter 7』
Release Date:2016.10.10
Label:NEW WAVE RECORDS
Tracklist:
1. Freeview
2. 우주 (Space)
3. Shotgun
4. 피구왕
5. 괴물
6. 좋아 죽어(Feat. Kigga & mOOn)
7. 연(Feat. Dawg)

Daichi Yamamoto

Daichi Yamamoto

Hard To ExplainなどでライターやDJをしております。たま~にブログ(http://dearsilence.jugem.jp/)も更新します。