Creeping Sharia

Pulse

Creeping Sharia / Pulse
フザけるな――怒り剥き出しの機銃掃射がヤツを捉える。Londonという街はなぜこうも痛快なパンクスを育て上げられるのか

昨年11月、UKパンク・シーンに突如現れたCreeping Sharia(クリーピング・シャリア)は、近寄る者すべてを瞬く間に叩き斬ってしまうような2人組。元Ulterior(アルテリア)のRhys Dawney(リース・ダウニー:ファッションブランド”Long Clothing”創設者のひとり)と、Sebastian Bartz(セバスチャン・バーツ:ポーランド出身でソロとしても活動)によるこのバンドが、新たにMV「Pulse」を公開した。

しかし、まずは衝撃的なデビュー曲「MAKE AMERICA HATE AGAIN」を聴いてほしい。これを聴かねば何も始まらない。

言葉が出ない、なんて陳腐なことを言うつもりは全くない、が、確かに私は打ちのめされた。いや、八つ裂きにでもされたかのようである。言葉に詰まるのではなく、許してくれないのだ、感想を述べることを。この後味……。しかし不快ではない。むしろこの痛烈さが気持ちいい。

“American dream…… is DEAD.”――昨年の”選挙”に対して向けられたこの煽り。過激。これがキラー・チューンだという決死の覚悟が抜群にキマっている。そして焦らすようにしながらすべてのパートが蠢き、サビへ向けての急激な溜め、破裂――と、非常に強弱のある曲調によって楽曲全体として襲い掛かってくる。この極めて身体的な爆発エネルギーは、オルタナティブ・ロックの中でも特に、パンクだからこそなせる技だ。まさに、彼らの背後で睨みを効かせる爆撃機から撒かれゆく”ブツ”が、それを象徴していると言える。

怪しくトグロを巻くシンセと、その威嚇が空間を裂いてゆくノイズ・ギター。そこへ怒りに満ちたRhysのシャウトが揃えば、もう我々は無敵である。また、ドラム・パッドと機関銃の音は、どこか同期して鳴っているようにも思える。
つまりこれは、”我々は、音楽を武器に抵抗する”というシンプルな答えだ。世界に多様性を。暴悪からの救いを。

次はいよいよ。

“Why are you afraid ? I can’t believe you’re not a friend……”

この曲は、宥めるようにそう語りかけるセリフから始まる訳だが、これもまた世界を騒がす人びとへ向けられたものとしか思えない。本MVは、William Friedkin(ウィリアム・フリードキン)監督作品・映画『クルージング』のシーンと、(PLASTICZOOMSの”Japan Tour 2017″に伴って行われた)Creeping Sharia初の来日公演の映像によって構成されている。
筋肉隆々の男たちの汗が飛び散り、熱気立ち込める、むさ苦しいダンスフロア。彼らは同性愛者である。つまりこれもまた、解放へのメッセージであろう。

ギリギリと下唇を噛みちぎるようなインダストリアル・ビート、舌に残るは真っ赤な鉄の味。その匂いに釣られて這って来たのは、先ほどのヘビ。じわりじわりとなぶるようなシンセ・ベースは、コイツに締め付けられる感覚を植え付ける。身体を丸呑みし、溶かし、脳幹をシビれさせるギターのノイズや高音。すべてが私たちの焦燥感を掻き立ててゆく。
立ち向かうのは今しかないと。

彼ら以上に尖っていて、鋭く光るヤツらなど、果たしてこの時代に存在するのか。ジャンルで言うところのEBMの連中もかなりバイオレントではあるが、その”威”の印象は互いに違って見える。ダークヒーローとしての立ち姿、それを目撃してしまえばもう斜に構えてなどいられない。

現在、1stアルバム『Freedom Go To Hell』が制作中にあり、今年後半にリリース予定とのこと。続報を待とう。

ru_kawa

Curator

ru_kawa

内省的で知性美のある音楽を贔屓にしています。が、バイオレントなものも好きです。普段は暗く涼しいところに保管されたい