Childhood

Californian Light

Childhood / Californian Light
大人への脱皮を図ったChildhood久方ぶりの新MVは、ロンドン南部の人々へ送るラブレター

青臭いノスタルジック・ワールドから成熟されたソウルフルなナンバーへ! デビューアルバム『Lacuna』から約3年、大人への脱皮を図ったChildhoodが新MVをドロップ!

ノッティンガム出身のギター・ロック・バンド、Childhoodの新曲「Californian Light」は、ボーカルのBen曰く、「ロンドンっ子としての自分を定義するための、自分を取り巻く関係性についてのオード(抒情詩)」。そして、ここでの”light”は、彼と親友のサンフランシスコでの経験を示しているそう。

メロウなボーカルや多福感溢れるサウンド、楽園にいるような錯覚を覚える色鮮やかなChildhoodの世界観は健在。前作と比べ、ギターの要素よりもR&Bやブラック・ミュージックの影響が伺え、ロマンチックで大人なムードが漂うこの曲は彼らのここ3年での成長を感じられる。

また、Walworthのマーケットで撮られたというこのMVは、彼らからロンドン南部の人々へのラブレターとのこと。

本楽曲を含む彼らの待望の2ndアルバム『Universal High』は7月21日(金)に〈Marathon Artists〉よりリリース予定。この夏聴くのにぴったりな1枚になるに違いない。


【リリース情報】

Childhood 『Universal High』
Release Date:2017.07.21 (Fri.)
Label:Marathon Artists
Tracklist:
1. A.M.D.
2. Californian Light
3. Cameo
4. Too Old for My Tears
5. Melody Says
6. Universal High
7. Understanding
8. Don’t Have Me Back
9. Nothing Ever Seems Right
10. Monitor

aoi

Curator & Interviewer

aoi

US/UKインディー・ロック、特にガレージ・ロックを愛するライター。Spincoasterには出戻りです。たまにブログ(http://4ever0cku.blogspot.jp/)も更新してます。