C.O.S.A. × KID FRESINO

LOVE Prod by jjj

C.O.S.A. × KID FRESINO / LOVE Prod by jjj
遂にリリースされた話題のコラボ作より、洒脱なトラックが印象的なリード曲のMVが公開!

前々から話題となっていたC.O.S.A.とKID FRESINOによるWネーム・アルバム『Somewhere』が遂に本日リリース!
同アルバムより、jjjがプロデュースを手掛けた「LOVE」のMVが新たに公開されました。

本作『Somewhere』は今年2月のイベント”Diagonal”での共演をキッカケに制作に至った作品で、個人的にその場に遊びに行っていたので、このリリースはまさしく待望の……! という感じです。
その際にIO含むKANDY TOWNの面々を引き連れて披露した「Special Radio」(ぶっ飛ばされました……!)に続いて、大団円を演出するかのように披露されたのがこのコラボ曲の「LOVE」。

本作のリリース・レーベルである〈SUMMIT〉のSoundCloudでも(Ruff Mix)と称されたVer.が大分先行で公開されていたこの楽曲ですが、トラックはKID FRESINOと同じくFla$hBackSのjjjが手掛けたもの。メロウかつドリーミーな、最高すぎるトラックの元ネタはTodd Rundgrenの「Marlene」のようです。

C.O.S.A.の「ストリートの定義 / はチェンジ / 新たな価値観を持ち込んだ」から始まる2ndバースや、KID FRESINOの「今夜おれは歩いて帰れるだけの酒を飲み」などなど、グッと来るパンチライン/リリックが満載。

実はこの曲はiTunesでアルバム『Somewhere』を予約することで2週間ほど早くDLできるようになっていたのですが、おかげさまで7月はこの曲と同じく先行DLできた「Close to you feat. PUNPEE」をめちゃくちゃヘビロテしていました(そしてもちろんこれからも)。

MVを手掛けたのはFla$hBackS界隈のアーティストのMVも撮っている、Diaspora skateboardsに所属するスケーター兼、映像作家の小林万里。全編NYにて撮影が行われたそうです。

なお、アルバム発売後、KID FRESINOはNYから一時帰国し、新代田FEVERにてリリース・ライブ、名古屋と京都でリリパも開催予定なので、そちらも併せてチェックを。

==

somewhere_JK

C.O.S.A. × KID FRESINO 『Somewhere』
Release Date:2016.07.20
Label:SUMMIT
Cat.No.:SMMT-75 / XQMV-1004
Price:¥2,222 + Tax
Tracklist:
1. deal (Prod by KID FRESINO)
2. LOVE (Prod by jjj)
3. Route (Prod by RAMZA)
4. Swing at somewhere feat. コトリンゴ (Prod by jjj)
5. KDFS × COSA (Prod by OMSB)
6. Callin’ (Prod by DJ GQ)
7. Hey Poobs (Prod by Gradis Nice)
8. Time Lost (Prod by VDon)
9. We On (Prod by jjj)
10. Close to you feat. PUNPEE (Prod by C.O.S.A.)

==

C.O.S.A.×KID FRESINO 『Somewhere』Release Live
2016年7月31日(日)東京都 新代田FEVER

C.O.S.A.×KID FRESINO 『Somewhere』 Release Party
2016年8月6日(土)愛知県 CLUB JB’S
2016年8月20日(土)京都府 octave

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes