Braxton Cook

Somewhere in Between

Braxton Cook / Somewhere in Between
NYの若きサックス・プレイヤーが、ジャジーかつソウルフルなデビュー・アルバムをリリース!

米ワシントン州出身でニューヨークを中心に活動するアルトサックス・プレイヤー、シンガー/ソングライターのBraxton Cook(ブラクストン・クック)が、デビューアルバム『Somewhere in Between』をリリース! その中から表題曲として昨年末からMVが公開されていたこちらをピックアップ。

スローなムードに柔らかいギターが溶け込み、後半に甘いサックス・ソロが乗っかる落ち着いた仕上がりに。ネオソウル寄りのボーカルも混ざり、ジャズとソウルの間に揺れる美しい作品になっています。

幼少期から初期の〈Motown Records〉、Parliament Funkadelic、Cameo、Bill Withersなどの古いレコードが流れる家庭で育った彼。NYジュリアード・スクールを卒業したあと、グラミー賞を受賞したトランペット奏者・Christian Scottと共に何度も世界ツアーに回るなど、早くもその若き才能を開花させております。

2015年にはButcher Brownとのコラボ作『Braxton Cook meets Butcher Brown』をリリースしており、ソウル・ミュージック全開な前作に比べて、今作はNYジャズかつフュージョンのエッセンスも取り入れた都会的なジャズ・アルバムになっています。
R&B、ソウル、ヒップホップなど枝分かれ、細分化されている様々なブラック・ミュージックを、上手く親和的に包括したジャズ・サウンドが多くリリースされる昨今。そんな中生み出された今作は、今のジャズ・シーンの空気感を強く感じさせつつも、同時に彼のアイデンティティも溢れる力強いデビュー・アルバムになっていると思います。早熟ですね。

OFFICIAL SITE / Facebook / Twitter / Instagram / Soundclound / Spotify / Apple Music


【リリース情報】

Braxton Cook 『Somewhere in Between』
Release Date:2017.04.13 (Thu.)
Label:Fresh Selects
Tracklist:
1. Millennial Music (Intro)
2. You’re The One
3. FJYD
4. I Can’t
5. Hymn (For Trayvon)
6. Until
7. Mathis’ Tune (Interlude)
8. Somewhere In Between
9. Run Away
10. Pariah (feat. Samora Pinderhughes)
11. Never Thought
12. The Gospel

Takato Ishikawa

Takato Ishikawa

会社員。ブラックミュージックやディスコを聴くと興奮します。ラジオDJになったつもりで色々とキュレーションしていきます。Tumblrでも発信しています。(http://vivalavida1992.tumblr.com)