Brasstracks

Telling The Truth ft. Lido & FatherDude

Brasstracks / Telling The Truth ft. Lido & FatherDude
Future Bass × R&B × ブラス = 最高! ブルックリンのデュオによる盟友Lidoを招いた新曲!

Chance The Rapperのウルトラ級の傑作ミックステープ『Coloring Book』にも、作品中一二を争うほどの名曲である2 ChainzとLil Wayneを招いた「No Problem」のプロデューサーにクレジットされていたり、Anderson .Paakのこちらも超名曲「Am I Wrong ft.ScHoolboy Q prod. by POMO」にホーンで参加していたり、UKの2 Step王子、Shift K3Yのリミックスを手掛けたりなどしてきたブルックリンのプロデューサー・デュオ、Brasstracks(ブラストラックス)が盟友LidoとNYのシンガー、FatherDudeを招いた新曲を公開致しました!

イントロ(00:03頃)のシンセ音からLidoが思いっきり存在感を出しているような気がしますが、そこから低空飛行気味なビートが展開されていきながらも、Brasstracksの記名性の高いブラスの音色とFatherDudeのソウルフルなボーカルが高揚感を煽る一曲。

タメやキメの多いトラックはやはりFuture Bassの影響を感じさせながらも、形骸化した凡百のトラックとは一味も二味も違い、洗練されたポップスへと昇華されているのは流石の一言。

ちなみにこのBrasstracksは近々待望のデビューEPをリリースする予定らしく、そのタイトル・トラックとなる「Good Love (feat. Jay Prince)」も既に公開されています。
こちらはよりジャジーかつアーバンなヒップホップ的要素の強いトラックとなっておりますが、どこまでも爽快なブラスの音色ももちろん健在。

==

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes