Best Tracks Of 2016

Rinjun

キュレーター&ファウンダー、Rinjunによる2016年の年間ベスト・トラック!

Spincoaster代表のRinjunです。今年もいろんなことがありましたが、音楽に限らず特に伝えたいと思った出来事は、こちらのSpincoaster Blogの方に書き残しているので、是非この機会にチェック頂けると幸いです。

今年のベスト・トラックは、5曲中4曲がイギリスの新人で、20歳前後の新人アーティスト中心という非常に近しい界隈の面々になりました。


5. yahyel / Age

もし海外の方に日本のおすすめのバンドを聞かれたら、真っ先にyahyel(ヤイエル)の名前を挙げるようにしている。去年彗星の如くシーンに現れたかと思えば、今年はフジロックの”ROOKIE A GO-GO”への出演を果たし、11月には1stアルバム『Flesh and Blood』をリリース。つい先日渋谷WWWで行われた同作のリリース・パーティーは、チケットが即完するなど、異例のスピードで成長を遂げている。
神秘的で繊細、そして魂を揺さぶられる彼らのステージは必見!


4. HONNE / Good Together

日本語の”本音”からとったというバンド名や、日本盤を意識したアートワークなど、日本好きで知られる英国ユニットのHONNE。ついに今年はビルボード東京で初の来日ライブが行われたのだが、アーバンな夜景が見える場所で行われた彼らのパフォーマンスでその日は至極の一夜に。
彼らの代表曲でもある「Good Together」は寒い今の季節にぴったりのナンバー。


3. Tom Misch / Crazy Dream [feat. Loyle Carner]

UKを拠点に活動するトラック・メイカー兼ギタリストのTom Misch。ラッパーのLoyle Carnerとゲストに招いて公開された「Crazy Dream [feat. Loyle Carner]」は、先鋭的なサウンドとアンニュイな雰囲気が見事にマッチしている。
また、洗練された楽曲だけでなく、ジャケット写真のアートワークも素晴らしいので、そちらも併せて注目して頂きたい。


2. Will Joseph Cook / Take Me Dancing


関連記事:Will Joseph Cook / Take Me Dancing

UK出身弱冠19歳のSSW、Will Joseph Cook。今年はSpotifyが選ぶ”Spotlight on 2016″にも選出されたことでその名を世界に轟かせた。「Take Me Dancing」の色気のある歌声、繊細なギター・リフによって、彼の持つ独自の世界観に引き込まれてしまうこと必至。


1. Jack Garratt / Worry

“Brit Awards 2016″、”BBC Sound Of 2016″、”ROKed SXSW2016″など、数々の賞を受賞し、個人的にも今年最も注目していたアーティストのJack Garratt。今夏”FUJI ROCK FESTIVAL’16″で行われたパフォーマンスは、同フェスのベスト・アクトに挙げる方も数多くいた。
彼の持ち味は何といってもボーカル、パーカッション、キーボード、ギターを全て1人でこなす圧倒的なソウルフルなライブ。是非、生で体感して頂きたい。


Comment

去年の年間ベストでは、「インターネットやスマホが普及すればするほど、音楽における国境も今まで以上になくなってきている」と書きましたが、今年の宇多田ヒカルやBABYMETAL、ピコ太郎の海外での活躍を見ていると、来年はもっとおもしろいことが起こるように思います。特に今回の年間ベストに挙げたyahyelや、去年挙げたD.A.N.は来年以降にも大きな飛躍が期待されるように思います。

【全体総括】
3年半ほど前にSpincoasterをスタートさせてから、去年はSpincoaster Music Barをオープン、今年は音楽アプリ「TYPICA」をリリースしました。これらは全て「音楽を通じたコミュニケーションを盛り上げたい」という想いでやっています。今年は特にキュレーション・メディア問題で激震が走った年でしたが、そもそもSpincoasterは、読者を不快にするような「釣りタイトル」、「ページ分割」、「記事のパクリ」、「記事の大量生産」などでアクセス数稼ぎに走り、誤動作を狙った広告配置でマネタイズをしているようなメディアに問題を感じて創ったメディアです(http://spincoaster.com/about/)。
これまであえてアクセス数や安易なマネタイズを目的にしない方法を選択してきたわけですが、”音楽好きによる純粋な音楽紹介”というやり方に共感して頂いた多くの方のご協力のおかげで、着実に成長を続けていると共に、特に最近大きな手応えも感じております。今後も読者の方の期待を裏切らない運営を心掛けていきますので、2017年のSpincoasterにも引き続きご期待頂ければ幸いです!


番外編 マイ・ベスト

【ベスト・BUY】


『縦型レコードプレーヤー FLOATING RECORD』
アナログ・レコードが楽しめるだけでなく、インテリアとしても良い。普通のターンテーブルより場所もとらないので重宝しています。

https://www.gramovox.com/


Spotify プレイリスト

Rinjun

Curator & Founder

Rinjun

Spincoasterの創設者。【影響を受けたアーティスト】Lush / Gui Boratto / Kula Shaker