Alvvays

In Undertow

Alvvays / In Undertow
逆流の中で──美メロ&泣きメロに定評のあるカナダの男女4人組インディ・ポップ・バンドが魅せる、少しばかりの冒険心とさらに磨きのかかった珠玉のメロディー

カナダはトロント発のインディ・ポップ・バンド、Alvvays(オールウェイズ)が新曲「In Undertow」を公開。「Adult Diversion」や「Archie, Marry Me」、「Party Police」といった美メロ/泣きメロ連発だったデビュー・アルバム『Alvvays』(2014年)の頃から、彼らのソングライティング力は2010年代のインディ・バンド随一だと思っているのですが、今回の新曲もそんな期待を裏切らない美メロなポップ・ナンバーとなっています。

イントロのチープなキーボードの音からすでに心を鷲掴みにされますが、おや? 何だかちょっとこれまでと違う雰囲気も。全編に漂うノスタルジックなムードは相変わらずであるものの、遠くで鳴っているギターの音がすごい。ガシャメシャに歪んでいる上にトレモロ・アームも使ったりして、少しMy Bloody Valentineの曲のような「揺らぎ」も生まれています。彼らの最大の持ち味であるメロディー・センスはそのままに、サウンド的には軽い変化も予感させますね。

この「In Undertow」を収録した待望のニュー・アルバム『Antisocialites』(全10曲入り)は9月8日(金)リリース予定です。期待大!


【リリース情報】

Alvvays 『Antisocialites』
Release Date:2017.09.08 (Fri.)
Label:Polyvinyl Records
Tracklist:
1. In Undertow
2. Dreams Tonite
3. Plimsoll Punks
4. Your Type
5. Not My Baby
6. Hey
7. Lollipop (Ode To Jim)
8. Already Gone
9. Saved By A Waif
10. Forget About Life

deidaku

Curator

deidaku

PUBLIC IMAGE REPUBLICというブログを書いています。【影響を受けたアーティスト】TM NETWORK / Björk / Weezer