alt-J

3WW

alt-J / 3WW
alt-J待望の新曲は幻想的な物語性を強く感じさせる荘厳な一曲。イントロから飛ばさずにまるまる聴いてください。

UKリーズ出身の3人組、alt-Jがおよそ3年ぶりとなる新作『RELAXER』を6月にリリースすることを発表! 現在その通算3作目となる新曲「3WW」を公開しました。

複雑なリズム・パターンや緻密なコーラス・ワークを特徴としながらも、フォーク〜ブルース、プログレなど古今東西様々な音楽的遺産を存分に噛み砕いたような知的でスリリングなサウンドを武器に、これまでに2枚のアルバムをリリースしてきた彼ら。
デビュー作『An Awesome Wave』ではいきなり英国で最も権威があるとされている音楽賞・マーキュリー・プライズと、英国/アイルランドの優れたソング・ライター/作曲家へ贈られるアイヴァー・ノヴェロ賞の「最優秀アルバム賞」を受賞し、続く2014年のセカンド・アルバム『This Is All Yours』はグラミー賞&ブリット・アワードにもノミネートされ、全英1位を獲得……と、その先鋭的な音楽性を発揮しながらも、同時に大衆性と批評性の両方を兼ね揃えるある種理想的な活動スタイルを築いてきました。

そんなalt-Jによる待望の新作からの新曲「3WW」では、重く沈んだビートとブルージーなギターの音色を軸に、余白たっぷりの立体的なサウンドを展開。1分40秒ほどした頃にようやく顔を出すボーカルは、どこか懐かしい牧歌的なメロディ・ラインを歌い上げながらも、さらに進むと優しいピアノの音色やソウルフルな女性ボーカル、そしてストリングスのにエレクトロニクス……と、様々な音が複雑に飛び交う展開に。そして終盤に向けて高揚感を煽り続けながらも、最後は再び音を抜き、環境音を加えつつも優しくフェードアウト。5分程の曲ですが、一曲を通して短い物語を観た/読んだような体験ができる一曲となっています。


(※2017.04.13 UPDATE:MVが公開されたので差し替え。以前のビデオはコチラ

また、新作『RELAXER』のアートワークは日本のマルチメディア・アーティスト/ゲームデザイナーの佐藤理が手がけたPlayStation用ゲーム・ソフト『LSD Dream Emulator』のイメージが使用されているそうです。今回公開されたこの「3WW」のオーディオ・ビデオでも、そのアートワークが用いられています。


【リリース情報】

alt-J 『Relaxer』
Release Date:2017.06.09 (Fri.)
Label:Infectious / Hostess
Tracklist:
1. 3WW
2. In Cold Blood
3. House of the Rising Sun
4. Hit Me Like That Snare
5. Deadcrush
6. Adeline
7. Last Year
8. Pleader

※日本盤詳細は後日発表

Takazumi Hosaka

Curator & Interviewer

Takazumi Hosaka

Hard To ExplainでDJやVJをやったりフリーのライターだったり。おもしろい音楽を求めて日々彷徨っています。お酒を飲んだ翌日はよく反省しています。 【影響を受けたアーティスト】 ↑The High-Lows↓ / Sex Pistols / The Strokes