Age Factory

Puke

Age Factory / Puke
「最果てから愛を込めて」届いた、自由な叫びを聴いてみて欲しい。

10月5日にリリースされた奈良出身の3ピース・バンド、Age Factoryの1stアルバム『LOVE』より、ベースの西口直人が監督を努めた「Puke」のMVが公開された。

少し掠れた骨太な声で叫ばれる唄。うねうねと予測不能に変化していき、楽曲に破壊力を与えているベース。音もデカく迫力満載、だけど時に繊細で、感情表現を巧みに行うドラム。このように、それぞれ個性が強すぎるとも言える3人が集まったのにも関わらず、奇跡のように1つの音楽としてまとまっていて、「そりゃこんな3人がまとまったら良い音楽が鳴らない訳ないよな」と、そんなこを思わされるロック・バンドである。

今回公開されたMVの「Puke」は、「迷走 japanese お前だよ。得体もしれない見た事もないような音で吐き出すよ」という、ある意味今の音楽シーンに対するカウンター・アタックとも捉えられる歌い出しから始まり、リズム隊が軸になりつつも曲が進みサビになると、とんでもないハード・ロック調のギター・リフが鳴り出すというアルバムの中でも特に彼らのルーツが滲み出ている楽曲。聴いていると、とにかくゾクゾクする。

今作は、地元奈良の大先輩であるLOSTAGEの五味岳久をサウンド・プロデューサーに迎え、全10曲「puke」のような楽曲からヴォーカル清水エイスケの弾き語り楽曲まで、全10曲全く異なるタイプの楽曲を収録しており、日本の音楽シーンの足りなかった部分をまさに表現してくれているアルバムとなっている。

なお、同アルバムから「Yellow」のMVも公開されているので、是非チェックしてほしい。

それにしても1stアルバムから自分たち独自のサウンド・スタイルを確立した素晴らしい作品に仕上げ、そしてそんな作品に『LOVE』というタイトルを付けるこのセンス。まさしく本物だ。


Age Factory Love JK

Age Factory 『LOVE』
Release Date:2016.10.05 (Wed)
Label:Space Shower Music
Cat.No.: PECF3171
Price:¥2037 + Tax
Tracklist:
1.Seventeen
2.疾走
3.Yellow
4.金木犀
5.Night bloomer
6.Puke
7.Tours
8.Veranda
9.Mother
10.My end


【ツアー情報】

“Age Factory ONE MAN TOUR 「MY WAR」”

2017年1月15日(日)大阪府 LIVE HOUSE Pangea
2017年1月20日(金)愛知県 CLUB ROCK’N’ROLL
2017年1月29日(日)東京都 TSUTAYA O-Crest

Kento Mizushima

Kento Mizushima

明日フェス / to'morrowというイベントを都内で主催しています。 ライブハウスによくいる人です。