A Will Away

Here Again

A Will Away / Here Again
〈Triple Crown Records〉のニューカマーが放つ、真冬の朝にぴったりなポップネス × エモ・サウンド!

US・コネチカット出身の4人組エモ/ロック・バンド、A Will Awayが3月3日にリリースするデビュー・アルバム『Here Again』より、タイトル・トラック「Here Again」のMVを公開しました。

爽やかなポップ・メロディーと透明感のあるボーカルの相性の良さは言わずもがな。ポップさを主体にしつつも、サビの部分に見られるエネルギッシュなドラミングや繊細なアルペジオ・フレーズを随所に散りばめることで、モダンなエモ・サウンドを表現しています。イントロを聴いた瞬間、真冬の朝に靴ひもを締めて白い吐息と共に家を飛び出す情景が浮かんできますね。

イギリスでMoose Bloodが情緒溢れるボーカルとポップ・メロディーの融合を果たしたように、アメリカでもA Will Awayがその後を追っていく気がしています。
待望のデビュー・アルバムとなる今作は、Into It.Over It.やYou Blew It!といった現在のエモ・リバイバル・シーンを牽引するバンドが所属する〈Triple Crown Records〉からのリリース。本国での期待度の高さが伺えます。

現にリリースを控えながらも、今月末から始まるMoose Bloodの北米ツアーに帯同することも決定しており、本作は注目度が増してくる最高のタイミングでのリリースとなりそうです。他のサポート・アクトにはBoston Manor、Trophy Eyesという若手のポップ・パンク・バンドは起用されている点にも頷けます。

現代のエモ/インディー・ロック・シーンを語る上で見逃せない重要レーベルである〈Triple Crown Records〉が放つビック・ホープ。要チェックです!


【リリース情報】

A Will Away 『Here Again』
Release Date:2017.03.03 (Fri.)
Label:Triple Crown Records
Tracklist:
1. Here Again
2. Pay Raise
3. Agoraphobia
4. Chemicals
5. Crochet
6. Caroline
7. Well-Adjusted
8. Better Reluctant
9. Summon Your Savior
10. The Shakes
11. Gravity
12. Into the Light
13. Something Special

■Pre order:http://triplecrownrecords.merchdirect.com/products/59717

Yuya Tamura

Curator

Yuya Tamura

I'm punk nerd. ポップ・パンク、ハードコア、エモが主戦場。 Webの仕事をしていますが音楽はアナログ派、現場主義です。